オメガ スピードマスターの鑑別ポイントについて査定士が教えます。

よく質問が上がるオメガのスピードマスターの真贋について共有したいと思います。

今回は、ロレックスに続き、腕時計の中でもフリマアプリに出回りやすい、オメガについて偽物を購入しないように見分けるポイントを共有します。

オメガはみんなが憧れる高級ブランドということもあり、ロレックス同様、偽物、コピー品が出回りやすいブランドです。

 

スポンサーリンク

オメガ スピードマスターの鑑別ポイント

オメガの中でも人気モデルであるスピードマスターの不正品をまずは見ていただきましょう。

こちらの画像をご覧ください。

 

オメガ スピードマスター 不正品の画像

  

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ポイント やはりクロノグラフがきちんと作動するかどうかという部分です。

この時計もクロノグラフを動かそうとすると数字のない部分に、針が止まってしまったり、全然動作しなかったりします。

これはお金のかかる内部機械を安い時計のもので代用しているためで、もともとそのような機能が付いていないのに無理矢理にプッシュボタンを使っているためです。 

そのため全体の重量も正規のものと比べ5g以上軽くなっております。 
裏蓋の刻印では、ミハエル・シューマッハと刻印が入っています。

しかし、彼のモデルは限定品が多く、文字盤には彼の代名詞である赤色が入っていたりします。

ネット検索でシューマッハモデルと検索すれば、どこが違うかわかります。
そしてバックル部分の刻印も甘く、バックル留めもスカスカした感じとなっております。