ブランド品のスーパーコピー品の見分け方は?買う前売る前に知っておきたいこととは?

スポンサーリンク

偽ブランドやスーパーコピー品の見分けはもうつかない?

モノを売る際に気をつけないといけないことは偽物であるかどうかの確認です。 知ってて質屋に出すと買取価格がつかないだけでなく、メルカリなどで販売した場合には 罪に問われる可能性もあります。 今回は、スーパーコピー品や偽物ブランドについて法律(商標法)と深い関係があることを共有したいと思います。
「ブランド コピー品」の画像検索結果

スポンサーリンク

偽物だと分かっていて売るとどうなる?

今回は、商標法とは何かという基本的なことから、商標法に違反しないために気をつけたいことなどをご紹介します。

商標法とは

商標法とは、ブランドが商品として登録しているものの事を言います。

ルイヴィトンであれば、エピ柄のバッグや財布、キーケースなどです。 これを保護する法律が商標法です。

今でこそ減りましたが、まだまだ、ヴィトンなどの高級ブランドのスーパーコピーを販売している店舗があります。 また、海外ではスーパーコピー品が蔓延しているというのはニュースにもなっていますよね。 当たり前のことですが、本物のブランド品に似せて作ったものを売る行為は、 商標を妨げるとして商標法違反に当たります。

そのため、偽物だと分かっていて売ることは絶対にしてはいけません。

高級ブランド品は小さなバッグでも数十万するものも多く、高級ブランドを持ちたいけど、持てない。 少しでも安く手にできればいいなと思う人は多いと思います。

中には、偽物でもいいから欲しいと偽物とわかって購入する人もいるので、一定数の需要があるみたいです。 その為、取締を行ってもイタチごっこのようになっているんですね。 偽物と知らなくても偽物を購入した際でも罪に問われる可能性もあるので、 引っかからないように見分けられるようにしておきましょう。

偽物の見分け方その①ロゴが怪しい

ブランド品には必ずと言っていいほど、ブランドを象徴するロゴがあります。
「ブランドロゴ 偽物」の画像検索結果

「ブランドロゴ 偽物」の画像検索結果

ブランド品の購入前にはこのロゴをよく観察してみてください。 明らかに大きいものや、ロゴのバランスがおかしい、描写がつぶれているものなど、 少しでも違和感があるものは偽物である可能性が高いです。

特にヴィトンやプラダやコーチなどはブランド名が目立つので、要注意です。

ブランド名は実際に調べると本物の画像があるので、確認しましょう。

スポンサーリンク

偽物の見分け方その②:本物では取り扱いのない色

ある程度知識がないと判断が難しいのですが、カタログなどをみて展開されていない色の場合は要注意です。 ですが、本物であっても限定色が販売されている可能性もあるので調べる必要があります。
「ブランド 色 偽物」の画像検索結果

特にバッグを購入する際に気をつけたいことは、 商標登録されている色のバッグであるかということです。偽物には取り扱いのない色が出回っていることもあります。

ですので、あ、いいな!と思ってもすぐには手を出さずに、一度取り扱いのある色かどうかを確認してからにしましょう。

偽物を買ってしまってから返品しようと思っても、違法な会社で有ることが多いので返品ができない事があります。 /p>

スポンサーリンク

本物と思って売ったら偽物だった。

本物だと思って使っていたものが偽物であることもあります。 査定士として経験した中では、貰い物や旅行先で購入(正規店でない)したモノに関しては、 ほぼ100%でコピー品でした。 なので、誰かにもらったなど、入手経路が不明なモノはコピー品であることを疑った方がいいですね。 また、定価より安い値段で購入したものも偽物である可能性もあります。
テストを見て落ち込む生徒のイラスト(男子学生)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

最近多いのがフリマアプリでのコピー品の販売

メルカリなどの発展によって個人間での取引が当たり前になってきています。 欲しかったブランド品が安く売られているので、購入したはいいが届くと偽物だったケースが後を立ちません。 メルカリでは、出品者に鑑定済であるかの確認がありますが、 すべてのコピー品の対応は出来ていないと感じます。 購入する前には、必ず鑑定済かどうかをコメントで確認することを心がけましょう。

鑑定書があれば本物であることの証明がつきますので、買取で提示すれば商標法に引っかかる心配はありません。
「ブランド コピー品」の画像検索結果