【光熱費の節約】電気代を節約する方法!それは電力会社を変更すること

スポンサーリンク

電気代を節約する方法!それは電力会社を変更すること

年間で電気代をどれくらい払っているか把握してますか?
ぎりぎりで生活している人にとって、固定費は削るの不可能と思ってる人って結構いるはずです。
私もそうでした。

毎日使うものですし、特に電気代って、生活に直で響くから考えようとしないんですね。
月1000円でも安くなれば年間で12000円節約できますしね。
12000円あれば、毎月通信費は払える計算になります。

なので削るべきなんです!でも、物理的に電気を点けないというわけでなく、
今までの生活のまま節約するという訳です。

これは、調べないとわかりませんよ。
この記事を読んでしまったらもう考えたほうがいいですよ!
というぐらい簡単ですしね。

それは電力会社を変えるということです!
どうやって変えるとか手続きめんどそう。って思いません?
私は思いました。

電力自由化のことは知っていたんですけど、めんどそうと思ってまぁ、何もしなかったです。

でも、そうは言ってられなくなったとき、とりあえず申込んだんですけど。
それで終了ですよ。

手紙が来て、無視してたら月末が来て、
あ、会社変わってるって気づいて安くなってて。

もっと早くやればよかったって笑

いや、もう申し込むだけで9割は終わるんでやったほうがいいですよ。

というわけで、地域にもよる電力自由化による節約方法とどうやって申し込むとかを記事にする前に、最低限電気代の無駄使いしてませんか?ということです。

トイレの電気点けっぱとか留守中も電気点けっぱとかは論外ですが笑

クレカが使えない人にとっては、まとめて支払いがある電気代は怖いんです。
なので、まずは誰でもできる節約方法をチェックしてください。

スポンサーリンク

待機電力を減らす

待機時消費電力とも呼ばれていて、家電製品が電源の切れている状態でも消費する電力のことを指します。
消費電力の中でどれくらいの割合が待機電力だと思いますか?

答えは、10%も占めているんです。年間でおよそ9,500円の支出になっている訳です。

これはでかい笑

簡単ですが電化製品を使っていないときにはこまめにコンセントからプラグを抜きます
省エネタップも便利ですね。
個別スイッチのオンオフでこまめに待機電力を減らすことができます。

機器によってはタイマーや時計などの設定がプラグを抜くことによりリセットされたり、
メーカーから送信される更新ソフトが受け取れないなどあるので気をつけてくださいね。

電力会社を変更する前に現在契約中の電気料金をチェックしてください。
電気料金には様々なプランがあります。

家族が多いまたはペットがいるなどで電気のご使用量が多い家庭向けや
オール電化住宅向けまた日中は不在がちで夜間電力をよく使う家庭向けなど
様々な料金プランがあります。

電力会社のサイトより調べることもできます、比較してみてください。

また契約アンペアを見直してみましょう。
アンペアを下げることで基本料金を安くすることができるんでここも見といたほうがいいですね。

さて、電力会社を変更してさらに節約しよう

今日の本題です。

そもそも電力自由化とは?ということですが、

今まで、電気は東京電力などの地域の電力会社からしか買うことが出来ませんでした。
ですが、2016年に様々な電力会社から電気を購入することが出来るようになりました。

 

簡単に言うと、電気を購入するお店の選択肢が増えたというだけ。

電力会社を変更しても、

①電気の質は変わらない

変更したことによって停電しやすくなることもない

というわけで、会社を変更するだけで電気代を節約できる可能性が高いです。
というか99%節約可能です。

で、どこがいいかと調べてみると、電力会社って結構あるんですよ。

聞いたことない会社名なのでどこがいいかパニクると思います笑

ここでは、私が変えた会社について書きたいと思います。

 

スポンサーリンク

東京電力からLooopでんきに変更

auでんきや東京ガスなど、様々な電力会社と比較した結果、

Looopでんきに変更しました。

Looopでんきを選んだのは、単純に一番料金が安かったからです

スポンサーリンク

Looopでんきのメリット

簡単に言うと、

  • 基本料金0円
  • 最低利用金額0円
  • 解約違約金0円

Looopでんきのデメリット

深く考えてなかったので、後悔したんですが、デメリットは1つあるんです。

  • 支払いがクレジットカードのみ

クレカ使えないのにやばい笑
って感じです。

でも解決法はあるので。

前回記事にしたバンドルカード

これでクレカを新たに作れなくても、
上限いっぱいだとしてもなんとかなります。

 

東京電力からLooopでんきへ切り替えまでの流れ

 

実際にLooopでんきに切り替えた料金

Looopでんきに切り替えて1年が経過した我が家ですが、年間で5,000円以上の節約になりました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

損することはない何か嫌やったら解約すればいい

 

無の状態から購入するわけじゃないので、金額的に損することはないので
まぁ嫌だと思うことはないと思うんで、取り敢えず申し込んでみてはどうですか?

スマホみたいに解除料金かかるとかそういうのでもないし、電気に質があるわけではないし
もう切り替えて3、4年になるけど何も不自由なことないからまぁおすすめですよ。
申込みはこちら↓

1 個のコメント

  • […] 電力自由化の恩恵を受けるならこちらの記事 […]