ブラックリストでも必ず借りれる即日発行できるバンドルカードとは?

スポンサーリンク

ブラックリストでも必ず借りれる即日発行できるバンドルカードとは?

ブラックリストに乗ってると、新たに借り入れやちょっと今月足りないって時にめちゃくちゃ困るんです。

ものを売るにしてもすぐは無理だし、ひとに借りるのも無理だしみたいな人に知ってもらいたいブラックリストでも即日発行できるバンドルカードを紹介します!

というか、バリバリ使ってます。

ほんとに助かる。例えば、今月支払いで2万いるけど現金持ってない。

 

とかめちゃくちゃ使えるし、普段の買い物、海外サイトなんかでクレカ必須の買い物時にも使えちゃうからこブログのテーマのその場しのぎにはもってこいのカードです。

 

使わないにしても、持っとくといざという場面で使いやすいと思うので

参考にしてください。

 

まじで使えるから!!

 

 

今話題のビットコインなどの仮想通貨界隈でも注目されていますが、なんといってもこのカード手数料なしで簡単に作れるところが魅力。

Amazon、楽天での商品購入にも手軽に使える点が魅力。

特に未成年の方やクレジットカードが作れない方にも安心して使えるバンドルカード。

最近のサービスで、2018年4月にスタートしたブラック生活者にとって最強のVISAプリカとなった「バンドルカード」。

超太っ腹なサービスで、ブラックリストの人の為に作ったんじゃないかと思うくらいで、

これはもはや実質クレジットカードです。てか、もうクレカいらん笑

 

そんなブラック生活を強力にバックアップしてくれる「バンドルカード」ですが、一体何なのかというのは簡潔に書いていきますんでよろしくお願いします。

f:id:kamito620:20180429211252j:plain

バンドルカードとは?

株式会社カンムが運営する、スマホアプリで即カード番号が発行可能な、VISAブランド付プリペイドカードです。

審査不要で発行でき、デビットカードと違って口座連携も必須ではないので(連携したほうが便利ですが)、非常に発行までのハードルが低いのが特徴です。

「バンドルカード」もそういったプリペイドカードの一種となります。
スマホさえあれば即時発行・即利用可能(カードレスの場合)という点が強みですが、それ以外に他のブランドプリペイドと比べて突出した何かがあった訳ではなく、敢えて使うことはありませんでした。

バンドルカードについて

バンドルカードは、クレジットカードのようにVISAの加盟店で支払いができるサービスです。

使い方

  1. バンドルカードにチャージする
  2. Visaの加盟店で買い物する

インターネットのお店

アプリやプラスチックカードに記載されている16桁の番号を使えば、インターネットのお店で買い物ができます

 

 

 

ブラック生活者にとって名実共に最強のブランドプリペイドとなり得るポテンシャルを秘めたカードに変貌を遂げました。

新サービス「ポチっと」とは

最強すぎて怖い。最強すぎて規制掛かりそう笑。

新サービス「ポチっと」とは、文字通り「ぽちっと」スマートフォンを操作するだけで簡単にプリカの残高をチャージできるサービスです。

それだけならよくあるやつなんですが、

何が凄いかというとこのチャージ金額「後払い」なんですよね。

 

後払いで生活することはこのブログの核になることで、別記事にしていますが、

クレカを使えない人にとって後払いはまじで救世主なんです。

 

そんな後払い機能がついたバンドルカードは、最強で、

も一回言うけど、チャージ金額は後払い!!

まじですげーから。後払い。

後払いってだけですごいのに、クレカ機能ついてるから!

いまいちすごさわからん??

じゃあ後払いのすばらしさの記事一回読んで!!

呼んだ前提ですすめるけど、

とにかく、後払いで残高をチャージできるとか、凄すぎて訳がわからない。

 

詳しく説明すると、

本来、プリペイドカードは事前に残高をチャージして利用するもので、

チャージ方法は銀行口座からの振替、コンビニ入金などがありますが、いずれにせよ

「現金」が必要です。

それを覆したのがこの「ポチっと」ということになります。

 

スマホから必要金額を入力して後払いを「申請」。

承認されればその場で残高がチャージされ、すぐに利用できます。

 

これだけ。

「プリペイドなのにポストペイ」という、「信用」がないと使えなかった

クレジットカードが当たり前のように使えるんです。

 

もちろん制限はあります。「後払いにできる金額は2万円まで」です。

きちんと支払いを行えば、支払った金額分がまたチャージできるようになります。
また、月をまたぐと利用可能残高があっても追加チャージができないことに注意してください。

 

月が変わったら、必ず一度支払いを挟む必要があります。このルールを把握しておかないと、「まだチャージできるな」と思っていたらできなくてちょっとヒヤッすることになります。支払いはコンビニで行います。

チャージの申請ごとに保証会社による独自の審査が行われているようです。

実際に使ってみた

 

f:id:kamito620:20180429212128j:plain

そのまま「ポチっと」申請をしてみたところ、速攻承認が下りてチャージ完了。

5分で資金調達できたことになります。

このままでは使えませんので、「リアルカード」を発行してみます。

「リアルカード」とは、実店舗で使えるプラスチックカードのことです。アプリから簡単に申請できます。

発行手数料が300円かかりますが、チャージ残高から引かれますのでそれすらも後払い可能です。600円出すと受け取りに本人確認が必要になりますが、海外利用できるなど利用範囲の広い「リアルカードプラス」を発行できます。

大体1週間くらいで到着。リアルカードであれば郵便受けに投函されますので受取も楽です。

 

手元に届くリアルカードと、最初にアプリで発行したバーチャルカードではカード番号が異なりますので注意。
リアルカードを有効化するとバーチャルカードの番号が上書きされます。

手数料について

チャージを複数回するとその都度手数料がかかるため、少しでも安く使うためには2万円を一度にチャージした方が良いです。

f:id:kamito620:20180429211947j:plain

ただその場合、翌月末までに2万円の支払いが必要となります。ブラック生活者にとっての2万円は重みのある金額だと思いますので、支払いに自信がない場合は必要な分だけ都度チャージでも良いと思います。

2万円のチャージで手数料は800円。月利4%です。

一般的な消費者金融で同じく2万円を借りたら1ヶ月の金利は約300円くらいですので、比べてしまうと確かに手数料が高く感じるんですが、そもそもほとんどノー審査で本来は借りられないような劣悪な層にも貸す訳ですから、リスクを考えるとむしろ安いくらいだと思います。

バンドルカードの使いみち

「スタイリッシュなブラック生活」的には、このカードは是非「備え」として使っていただきたいです。
たった2万円ですが、されど2万円。給料日前に切実に金がない、という時にも飢えないで済みます。

事前にリアルカードを発行しておけば、コンビニでもスーパーでもレストランでも、カードが利用できる店舗ならごく普通に使えます。
最近はファストフードでもカードが使えますので非常に便利です。

「備え」のない我々ブラック生活者がいざというに頼れるものって本当に少ないですし、心無い利用者がいともたやすく踏み倒すせいで、年々厳しくなってしまっています。
そんな状況でこんなに素晴らしいサービスを開始してくれたバンドルカードに、敬意と節度を持って利用していきましょう。

我々にとって、これはもう実質クレジットカード。
枠たった2万円の、ブラック生活者に許された僅かなゆとりと備え。
それが「バンドルカード」です。

 

 
bdlcard4

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

バンドルカードをダウンロード

バンドルカード-すぐに使えるVisaカードアプリ - ビットコイン(BTC)対応

招待コード xzrzm7

こちらの入力をお願いします。

バンドルカード-すぐに使えるVisaカードアプリ – ビットコイン(BTC)対応
開発元:Kanmu, Inc.
無料
posted with アプリーチ