メルカリキャンペーン中!

https://campaign.merpay.com/jp/2019-08-susumerpay?code=TKJKFB

買取業者に騙される前に!元訪問査定士が教える得する交渉術

スポンサーリンク

出張買取業者に騙される前に!元訪問査定士が教える得する交渉術

最近、ニュースなどで訪問買取業者による押し買いが話題になっています。

実際に、押し買いをしていた立場ですので、その対策法や、逆に上手く使って得する方法はあります。

 

特をする立ち回り方法を使えば、タダで不用品を持って言ってもらえたり、本来の価値以上に買取してくれるケースが多々あります。

いくつかまとめて見ましたので、このマニュアルを駆使して特しちゃってください。

 

スポンサーリンク

そもそも押し買いとは?

 

wikipediaによると、

押し買いとは、強引に、なんらかの品を法外な安値で買ったことにして持ち去ってしまう行為のことである。 悪徳商法のひとつである。 押し買いの手口には様々なタイプがある。 手口としては、執拗に要求することで恐怖感を与えたり、認知症の高齢者を狙ったり、性急な判断を迫って証文なく取引を終えて立ち去るなどの手法がある。

 

こんな感じですね。

 

押し売りはなんとなくイメージつきませんか?

保険屋でもなんでもそうですが、セールスマンが家に来て、買ってください!ってするやつです。

 

それの買わせてください!!バージョンです。

 

ひと昔前までは、マンションや団地を数人で周り、1件ずつインターホンを押して、不用品ありませんか?

と回っていました。が、法律の改正によって禁止されています。

詳しくは消費者庁

 

色々難しいことが買いてありますが、

 

要約すると、

 

適正でない勧誘行為は規制または禁止

これは、業者による訪問買い取りの際には、会社名や個人名を明記したもの・勧誘の目的をきちっと説明しなければいけません。

まぁ名刺であったり、あとで説明しますが、古物商の免許を提示しないといけません。これをしないと法律違反です。

書面の交付義務

 

買取の値段に納得し承諾した場合には、
買取価格や、何を買取したのかなどの必要事項(これもあとで説明します)
が明記されている買取契約書を渡さなければいけません。

たとえもらったとしても捨てる人が結構いてるんですよね。捨てずに保管してください。

これが領収書代わりになり証拠になるので保管は忘れずにしてください。

 

クーリングオフ

 

非常に大切ですね。

先ほどの買取契約書による契約が完了した当日から8日以内にもし返して欲しいや、値段に納得いかなければ無条件で取り消しできる制度です。

注意点としては、契約書が絶対必要ということと、8日を過ぎた場合はクーリングオフが使えないということです。

 

スポンサーリンク

クーリングオフ制度を使った時、業者はその情報を伝えないといけない

クーリングオフ申請後から実際に物品が届くまでの間の期間中は、どんな状態か、引き渡し方法などを伝えないといけません。いい加減な業者であると、なにも言わずに郵送で送り返したりします。

ここで注意ですが、クーリングオフを使って物品を戻してもらった時に、例えばコップなどが割れてしまったとしても業者は何もしてくれませんので注意してください。

そして、クーリングオフの期間中は、物品を業者に引き渡さなくてもいいんです。

8日が過ぎた段階で売る意思が変わらなければ業者に渡します。

以上が法律で決められた内容をざっくりまとめたものです。

 

アポ取得をせずに、業者が訪問することは禁止なんですが、

査定だけのお願いをした場合には、業者側は査定後に売ってくださいなどの交渉をしてはいけませんので

もし、値段が気になる際には、電話でのアポイント時にしっかり査定だけお願いします。と言いましょう。大抵のコールセンターは通話記録を録音していますので、証拠になります。

また、クーリングオフに関してですが、訪問買取はクーリングオフが使用できますが、

店舗型の買取店でものを売った場合は基本的に自分の意思で売ったと見なされ使えないことがありますのでこちらも注意ですね。

また、訪問の場合は、正確な判断ができないとの理由でクーリングオフが使えるんですね。

もあるのクーリングオフ対象外商品、特に必要なものを出してしまわないように注意してください。

 

自動車(2輪を除く)

家具

家庭用の電気機械器具(携行が不可なもの)

書籍やCD.DVD.ゲームソフト

有価証券(切手など)

 

に関しては、適用外になってしまいます。

 

ここで実際にアポから契約までの流れを簡単に説明します。

スポンサーリンク

電話でのアポ取り

 

まず、業者との接点としては、圧倒的に固定電話によるアポイント取得が行われます。

最近は固定電話を引かずに携帯電話のみという人が多いですが、まだまだ固定電話を引いている家庭はたくさんいます。

電話を取ると大体が女の人の声で不用品ありませんか?や、無料で引き取りますよ。という話が進みます。

 

よく勘違いされるとこなんですが、電話をかける人は女性で、実際訪問するのは90%男性です。(コールセンターと査定士は別業務のため最初に電話した人が来るわけではありません。)

 

無料だし、不用品あるし話だけでも聞くかなと、軽い気持ちで訪問を承諾したとします。

と、ここでも注意なんですが、

たとえば、ブランド品や貴金属など使っていないものがございましたら、見せてみてくださいの一言がないのに、訪問時に貴金属ないですかというのは法律違反ですので、もし、なければ消費者生活センターに電話してください。

 

実際に訪問するまでから契約まで

 

日時が決定したのち、査定担当からの連絡が掛かります。

そこでの内容は、車止めるとこありますか?時間あってますか?など軽い質問をされます。

 

いざ、査定士が家にきて電話で連絡していた不用品を見せます。

査定中いろんなことを聞かれます。業者側は仲良くなろうとしますので話しかけてきます。

その中に、使ってないバッグとか切手とか、切れたネックレスとかないですか?というワードがきます。

 

ここからが業者が本気を出すところですね。

 

口車に乗せられたり、なかなか帰らないので、やむをえずリングやネックレスなどの貴金属を見せると、

10000円ですと言われます。その際、キズがついてるからとかデザインが古いとか何か理由をつけて

10万円以上したものなのに、買い取られるケースがあとをたちません。

 

使ってないし、あげる人いてないし、質屋に持っていくのもしんどいし、不用品持って行ってくれるならと諦めて承諾する人が多いです。

 

 

大体これが訪問から契約までの流れですね。めちゃくちゃ損してますね。

 

この流れを理解しながら特する対処法について説明していきます。

 

まず間違えて訪問を許可してしまった人向けの対策です。

 

業者が嫌がるのは複数人相手でのやりとりです。家族がいるなら一緒にいてください。

現在、一人暮らしの場合は、近所の知り合いの人を読んだりなるべく1人で相手しないようにしてください。

なんでかというと、業者によっては2人で訪問する場合があるからです。その場合不利なわけですし、1人と話している間にもう1人に金になるものがあるかないかを探られることがあるからです。

仮に誰も呼べなかった対策としては、家の中に入れないことです。業者は家に入ろうとします。玄関先でいいのでとか、寒いのでとか言って入ろうとします。入られると業者のペースになるので、不用品をあらかじめ外に出して、急用が入ったから15分しかない。と言って自分は家に入りましょう。

とりあえず、話すと向こうもプロなので、交渉で負けてしまいます。なので、なるべく話さないようにして逃れてください。大抵は次の案件もあるので、不用品を持って帰ってくれたり、悪態をついて帰ります。

万が一しつこく居座る場合は、警察に電話してみてください。すぐ帰りますから。

 

業者の立場とすると、1日に5〜9件程度のアポがありますので、儲かるお客に全力を尽くそうとするんですね。

なんで、お金になるものがないと判断されたり、時間が掛かってめんどくさかったりするとすぐ諦めます。その際最初に名刺はもらっといてくださいね。

これで対処は完璧です。

 

1円でも高く買い取って欲しい、または、不用品をなんとか持って帰ってもらいやすくなる方法。

 

昨今、様々な買取サービスのお店が増えています。

どれがいい店でどれが悪い店かの判断は非常に難しいです。

なぜかというと、この業界は給料体系はインセンティブ重視だからです。

 

月の予算が決められていて、予算を超えた分を会社ごとのパーセンテージに照らし合わせて、

基本給+インセンティブが月給になります。

 

なので、会社として、商品ごとに基準の買取額はあるのですが、その基準額より安く買えば買うほどその担当者の給料にかえってくる仕組みなんですね。

そこで、その月余裕な人は安買いしなかったり、逆に追い詰められている人は法外な安買いをします。

 

ということは、会社や、店舗ではなく人によるところが大きいんですね。入れ替わりが激しい業界ですから気の弱い人も多くいます。そんな人は安く買うことができなかったりしますね。

 

ですので、交渉してください。突っ込むところは、売る気があるということを醸し出して、でも相場は知っていることをちらつかせてください。

そして値段を業者が言うと思いますが、すぐ納得せずに、後10000+してと値段を釣り上げましょう。

基本、業者が最初に提示する金額は、会社の基準額の3/1程度です。

 

そして、例えば不用品がある場合これも持って言ってと最後に言うと大体持って帰ってくれます。

 

こんな感じで対策法を説明してきましたが、いかがでしょうか?

ニュースにも取り上げられることが多くなったので、業者側も法律を意識するようになったとはいえまだまだトラブルは後をたちません。

 

また別の記事で詳しくするつもりですのでよろしくお願いします。

 

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

フリーランスで査定士をやってます。(査定士歴7年)査定士だけでは老後が怖いので複業をしてます。7年で1万人以上の人と毎日会話する。会社員時代の最高月収は420万。遊びすぎてほぼ使い切ってしまい翌年の税金でやられた結果お金の大切さを学ぶ。ツイッターでメルカリ、ラクマの偽物かどうかの査定相談を0円で受付中。服大好き。 #プロフィール画像募集中