キャバ嬢をやめた後は買い取りの仕事がおすすめすぎる理由を公開

水商売をやっている人の多くはセカンドキャリアについて悩む人が多いと聞きます。
わたしは夜しかできないと勝手に思ってしまって向いてないしやりたくない夜の仕事を転々とするなら買い取り業界でチャレンジすればいいと夜上がりの同僚や先輩後輩を見ているとよく思います。

個人的にキャバ向いてなくて辞めたいと思ってるけど、やめた後のこと考えると踏み切れないという相談を受けることがあります。
以下実例です。

キャバを辞めたい…
今のお店で3年近く働いています。
人気の女の子が皆辞めてしまったため売上が毎月1~3位の状況です。
昼間の関係で近々辞めようと思ってたうえ、お客様から嫌がらせをうけ水商売のリスクの高さを再認識し決断しました。
今までに在籍したお店が今のお店のみなので、きちんと辞めれるか不安です。
お店からの連絡を数日無視してたところ、メールでこれ以上連絡を無視するならそれなりに対処するからときました。
よく水商売は無断で辞める子が多いと聞いていたので電話を無視してれば連絡こなくなる程度にしか考えていませんでした。
怖くなり来週中に電話しますと伝えてあります。
突然辞めると言ったので罰金をとられたりしないか心配です。法的には大丈夫とわかっていても非常識な世界なので…
給料はもらうつもりはありません。
とにかく縁を切りたいです。
経験談、アドバイス等お願いします。

 

プレッシャーに押しつぶされそうです。

私はキャバクラのような所で働き始めて
まもなく丸3ヶ月たとうとしています。

週の半分以上は出勤しているのにも関わらず
指名はおろか場内すら

週に2・3本です。

ちなみに、夜の仕事は始めててです。

私も他の嬢のみんなのように
指名客を呼びたいのですが
電話をしても出てくれず、
メールの返信すらくれない人もいます。

漠然としていますが、どうしたらよいのでしょうか。

向いていないのかと最近病んできています。

というように華やかな仕事でもつらいことが多い業界なんですよね。
しかも夜の生活になれてしまうと他の仕事は難しいんじゃないかと思って踏み切れないケースがよくあります。

そんなキャバ嬢は向いてないと思っているあなたや辞めたいけどその後が不安。
ちゃんと転職できるのかと不安に感じているあなたにおすすめの転職先を紹介します。

それは、買い取り業界なんですよね!

→企業で働きたいと考えている水商売経験者へ

わたしは買い取り業界に何年もいるんですが、向いている人とそうでない人が極端に分かれると思っています。

向いていない人→人としゃべる経験をあまりしていなかった人、接客の経験がない人。
向いている人→接客経験あり。気を使うことができる人。キャバクラ、ホスト上がりの人。

以上です。つまり接客経験あり。しかもより気を使う現場=キャバクラで働いていた人は大成していることが多いです。

それはキャバクラで働いていた人は普通の接客業よりも気を使うことが必要でそれが身についているからです。そして買い取り業界の多くのお客さんは年配の方が多いのでその扱いに慣れているので買い取り業界が初めてでもすんなり仕事に慣れている人をめちゃくちゃ見てきました!

スポンサーリンク

キャバ嬢やめた後に買い取り業がおすすめな理由

仕事の仕組みが似ているからです。
以下御覧ください。

買い取り業の仕組み

1:仕入れ

※ブランド品を買い取る。いろいろと工夫ができる。

 

 

2:加工(修理)

※買い取ったものが壊れていたり汚れていた場合、販売可能なレベルに修理する。

 

↓ 

 

3:販売

※修理された商品を販売する。買取と同様、いろいろと工夫ができる。

キャバクラの仕組み

1:仕入れ

※お酒を仕入れる。接客してくれる女性を採用する。

 

 

2:加工

※キャバ嬢の接客による付加価値付け。お店の雰囲気など。

 

 

3:販売

※お店の外観や、お店のロケーションなど。

※高級店と大衆店での値段の違いは、お店の場所とそのお店にいるキャストの接客力が大きい。

→企業で働きたいと考えている水商売経験者へ

スポンサーリンク

キャバ嬢辞めたい人に買い取り業がおすすめな理由は安定感

例えば、皆さんは腕時計を持っていますか?
スマホは発達した今は時間を見るだけならば、腕時計いりませんよね??
でもどうしても腕時計が必要なときは100円ショップでも売っていますよね。

100円と言っても精度的には十分な品質の腕時計を買うことができる社会です。

ですが、高級腕時計の市場というものは確かに存在し、キャバクラで働いている人ならだれしも高級時計を身に着ける人を見たことがあると思います。

そうなんです。高級時計は未だに需要があるんですよね。

一般的な高級ブランド腕時計の上の価格帯には、職人が手作りをした腕時計というものが存在し、これは価格に上限がありません。そして100円で売られている時計も何千万する時計も時計としての性能に大きな違いはありません。

なのに高級腕時計は日々新製品が発売されて何本も所有している人もいます。
何が言いたいこと言うとオリジナリティには相場という概念が薄いんですよね。

 

こういったことからブランド買い取り業界は光景系不景気でもそこまでの波が来ないと私は思っています。
ですのでキャバ上がりのバイヤーが活躍できる理由には、もちろん商品の目利きスキルは必要ですがしかし、それ以上に「思い出を買い取る」というスキルが重要になってきます。

思い出を買い取るにはその人の思いを聞かないといけません。
わたしはそういう技術は普通の人間よりもキャバクラで働いていた人は身についていると思っています。

そして多くのお客さんが高齢の買い取りの業界では扱いに慣れたキャバ嬢が最適とわたしは思います。

 

キャバ嬢上がりでも長く活躍できる業界。それが買い取り業界

ナイトワークで学ぶことができる人間と人間の関係を構築する力を発揮できるポジションで働くことが、水商売の女子が40歳・50歳・60歳になっても活躍できる方法です

キャバクラで働いている人の誰もが思うことの一つであるずっとこの業界で働いていけるのか?という問題も買い取り業界では解決できます。
仮に転職した会社を退職するときでも一度身についた査定技術があれば同業界への転職も可能です。

もちろん、そこに至るためには、勉強が必要です。しかし、覚えることはそこまで多くないです。
基本的な査定技術はすぐに覚えれます。
キャバクラ上がりのわたしの後輩は初日で査定のポイントを1時間程度教えたらその日に買い取り成功させていましたのでそこは問題ないかと思います。

→企業で働きたいと考えている水商売経験者へ

スポンサーリンク

キャバ嬢は買い取り業界にすすむべき

お客さんとの関係構築のキャリアを積むことができているキャバ嬢あがりの人は一歩抜けていると思います。
既に始まっている本格的な高齢化社会の中、価値のあるモノは多いです。

しかし、そういった価値のあるモノを買い取るためには、
お客さんとの信頼関係・関係構築力が必要で、そして、そのスキルはキャバクラで十分に積むことができています。

キャバクラなどの夜の世界で働いている人のセカンドキャリアには買い取り業界が向いているとわたしは思います。
なにか相談したいことや周りに言いにくいことがあればツイッターのDMで相談に乗っていますので
気軽にどうぞ!!

無料相談してみる

 

ブランド買取という仕事は、ナイトワーカーとしてのキャリアが活かせる仕事であり、社会問題を解決するための非常に有益な仕事であると言えますね!

→企業で働きたいと考えている水商売経験者へ

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

フリーランスで査定士をやってます。(査定士歴7年)査定士だけでは老後が怖いので複業をしてます。7年で1万人以上の人と毎日会話する。会社員時代の最高月収は420万。遊びすぎてほぼ使い切ってしまい翌年の税金でやられた結果お金の大切さを学ぶ。ツイッターでメルカリ、ラクマの偽物かどうかの査定相談を0円で受付中。服大好き。 #プロフィール画像募集中