せどりの仕入れのコツは?卸から直接仕入れるのは簡単で稼ぎやすい!

インターネットを利用したサイドビジネスとして、「転売」とか「せどり」といった言葉を聞いたことがある人も多いと思います。

今では、誰でも手軽に手掛けられるお金儲けの一つとして浸透している感じですが、必ずしも誰もが成功するとは限りません。

初心者が始めて失敗しないためには、それなりの知識やノウハウを学んでおくことが必要です。

ビジネスとしての「せどり」にもいろいろなしくみがあり、その中で特に重要な「商品の仕入れ」にもいいろいろな方法があります。

そこで、今回は「卸(おろし)から仕入れる方法」について、紹介します。

 

スポンサーリンク

せどりで、「卸から仕入れる方法」とは?

通常のせどりの仕入れ先は、主に実際の店舗、オンラインショップ、ヤフオクやフリマですが、せどりをビジネスとして軌道にのせて、規模を拡げようとすれば、売れ筋のものを常に、ある程度まとまった量で確保しておく必要があります。

そのようなニーズに応えられるのが、商品を卸(問屋)から仕入れることです。

通常の物流では、商品が製造されて、一般の消費者に届くまで、基本的に、

メーカー→卸(問屋)→小売店→消費者

という流れになります。

メーカーから消費者に届くまでの間に仲介者が増えれば増えるほど、それぞれの利益分が上乗せられて、その分商品価格が高くなっていくのです。

普通のせどりでは、大手量販店やディスカウントストアといった「小売店」や、ヤフオクやメルカリに出品している個人すなわち「消費者」から仕入れているわけです。

従って、もし、メーカーから直接商品を仕入れられれば、途中の利益上乗せ分がなくなるので、その分、仕入れ価格が非常に安くなります。

ただし、現在の日本の商慣習では、メーカーから直接仕入れることができるのはまだまだ少ないのです。

大手はもちろん、中小のメーカーも、原則としてメーカー指定の卸(問屋)を経由して取引を行っている企業がほとんどなのです。

つまり、商品を「卸から仕入れる」ようにできれば、せどりの基本である「安く仕入れて、高く売る」において、新品の場合、小売店から仕入れるよりもかなり安く仕入れられるので、それだけ利益が増えて儲かるというわけです。

これは、「卸から仕入れる」一番大きなメリットですね。

スポンサーリンク

卸から仕入れるメリットとは?

卸から仕入れることによって、小売店よりも安い価格で仕入れることができるのは、すでに述べたとおりです。

商品のカテゴリーによって異なりますが、大体一般的な小売価格(定価)よりも30%~40%安い「卸価格」で仕入れることができます。

さらに、問屋と長く良い関係を築くことで、「卸価格の交渉」をすることも可能です。

最初は「定価の30%~40%引き」だったものが、交渉次第で「定価の35%~45%引き」など、金額面でさらに大きなメリット得ることもできるようになるでしょう。

 

同じ商品を繰り返し、大量に仕入れることが可能になる。

卸から仕入れるメリットとして、仕入れ価格が安く済むということの他に、リピート仕入れや大量仕入れが可能になるというのが大きなメリットだと思います。

卸問屋と契約して、取引が始まれば、継続して仕入れができます。在庫がなくなってもすぐに仕入れをすることができるようになり、販売チャンスを逸することがなくなります。

そのため、初めに売れ筋商品を一通りリサーチしてしまえば、それ以降はずっとリピートをし続けるだけで良くなるのです。

小売店から仕入れる場合は、利益が出る商品の場合は特価商品やセール商品になっていることが多いので、次も同じ価格で仕入れられるか分からないうえ、次に在庫があるかどうかも分かりません。そのため、常にリサーチし続ける必要があります。

卸から安定して仕入れができるようになれば、何度もリサーチする必要がなり、今まで仕入れに費やしてきた手間ひまが大幅に縮小され、効率よくせどりを行えるようになります。

 

また、同じ商品を大量に仕入れることができるのも、卸仕入れの魅力の1つです。限定商品であっても、基本的に購入制限はないので、1回の注文で好きなだけの量を一度に注文することも可能です。

もちろん、大量仕入れができるといっても、「1か月で売り切れるだけの商品を仕入れる」という基本原則は守っていきましょう。

 

Amazonから信用を得られる

近年、せどりの最大の販売先であるAmazonでは、せどり対策として、新品出品のガイドラインが非常に厳しくなってきています。

その要点を簡単に紹介すると、

・新品として出品するためには、「出品許可申請」を求めるメーカーが増えつつある。

・.個人(個人事業主を除く)から仕入れられた商品は、新品として出品できない。

・.メーカーが提供する保証がある場合、保証期間その他の条件において、メーカーの正規販売店と同等のメーカー保証を購入者が受けられない商品は、新品として出品できない。

・.Amazon.co.jp上(Amazonマーケットプレイスを含む。)で仕入れられた商品は、新品として出品できない。

つまり、従来のように、ヤフオクやメルカリなどで個人が出品している未開封の新品を仕入れても、Amazonでは「新品のコンディション」で販売できなくなったのです。

小売店やオンラインショップで売られている激安商品の中には、新品のように販売されていても、実は展示品だったりして多少の傷があったりする場合もあります。

 

また、Amazonで新品を出品する場合はメーカーの保証が必要ですが、このメーカー保証というのは、基本的には小売店(含オンラインショップ)で購入した日からがメーカーの保証開始日になります。

ですから、それらの商品をAmazonで販売した際には、実際にはメーカーの保証開始日から何日か進んでしまっています。

そのため、Amazonで売れた時点では、すでにメーカーの保証期間が終了していた、という極端なケースも起こり得るのです。

中には、お客に対してAmazonから購入してもらった日を保証開始日のようにしているせどらーがいますが、厳密に言うと規約違反です。

その点、卸から仕入れることができれば、きちんとしたメーカー保証書も付いていますし、展示品などということもありません。

 

要するに、「新品のせどり」においては、今後極めてやりにくい状況になってきていると言わざるをえません。

Amazonの出品規制は、年々強化され、今までのせどりのやり方で上手くいっている人でも、ある日突然、販売商品に関する請求書の提出依頼やAmazonアカウントの停止や閉鎖などに追い込まれることは、日常茶飯事のように頻発しています。

そうした中で、卸と取り引きしていれば、万が一Amazonから何か言われても、請求書や領収書などの書類をすぐに提出することができるので、安心してAmazonで販売することができます。

 

卸から仕入れる際の注意点とは?

卸から仕入れる際にも、いくつかの注意点がありますので、よく理解しておきましょう。

注意点①~仕入先の問屋を開拓するのに、時間がかかる。

仕入れ取引を希望する卸問屋が見つかっても、相手が承諾してくれなければ何も始まりません。

運が良ければ、すぐ契約にこぎつけられることがあるかも知れませんが、最初のうちは、ある程度時間がかかることを覚悟しておきましょう。

 

注意点②~まとまった額の仕入れ資金が必要になる。

小売店や個人からの仕入れと違い、卸から仕入れる場合はほとんどがロット単位での発注となります。

ロット単位というのは、1ケース10個入り、1ケース24本入り、など1商品ずつではなく、ある程度の数をまとめて購入することです。

従って、1回当たりの仕入れ量が多くなる分、事前にまとまった額の現金を準備しておかなければなりません。それなりの資金が必要になるのです。

しかも、卸から仕入れをする際は「現金前払い」が原則となります。中には、クレジットカード払いや「月末締めの翌月末払い」をしてくれる問屋もありますが、その場合でも、最初の取引は基本的に「現金前払い」がほとんどです。

 

なので、くれぐれも、仕入れる前にAmazonでよく売れる商品のリサーチが大変重要になります。

この「月間での販売予測」を読み間違えると、全ての商品を売り切るまでに時間がかかり、キャッシュフローが悪化する原因になってしまいます。

 

スポンサーリンク

卸から仕入れる方法とは?

「個人で、卸から仕入れるなんて、できないのでは?」という先入観を持たれている人が多いと思います。

しかし、実際は、個人でも「個人事業主」として取引をしてくれるはずです。

中には、「法人でなければ取引はしない」という問屋さんもありますが、今ではほとんどの卸問屋さんが、「取引をする相手が法人なのか個人なのかはあまり関係ない」というのが実情のようです。

卸問屋としては、「信頼できる相手に、商品をたくさん買って欲しい!」というのが本音なので、「信頼」感を与えれば、個人でも問題なく契約することが可能なのです。

 

卸問屋にアプローチするには?

まず、Amazonで売れ筋の商品、売りたい商品を見つけたら、その商品の製造元や販売代理店を調べます。そして、そこに連絡して、卸先の問屋さんを教えてもらいましょう

メーカーのサイトに「新規お取引をご希望のお客様へ」などというページがあれば、そこからメールで問い合わせることもできます。

ただ、卸問屋が分かっても、ネットから取引の申し込みができる問屋は少なめです。なぜなら、問屋業界はIT化がかなり遅れていて、未だにFAXや電話に頼っているところが多く、メールで仕入れ取引の申し込みができる問屋はごく一部なのです。

 

スポンサーリンク

卸問屋へのアプローチ方法とは?

電話やFAXで卸問屋にアプローチする方法

最近の人は、いきなり電話をするのが苦手だという傾向が強いようなので、そういう場合はFAXでアプローチしてみましょう。

FAXの場合でも、事前に問い合わせ内容のひな形を作成しておくと、送信作業が効率良くできます。

直接電話する場合にも、事前に話したいことや質問したいことをあらかじめメモして、肝心な内容を話し忘れないようにすると良いでしょう。

その内容としては、以下の点が挙げられます。


・自己紹介

まず、個人事業主として、どのような事業を行っていて、今後どういう事業を進めていきたいのか、商品の販売先や仕入れ金額・個数、発注の頻度、現状での月間売上金額などを正直に説明しましょう。

・なぜ、商品に興味を持ったのか、なぜ仕入れをしたいのか

その商品に魅かれて、ぜひとも取り扱いたいという熱意をアピールしましょう。

 

・仕入れた商品を、どこで販売するのか

どこで販売するのか、販売ルートはどこなのか、Amazonで販売してもOKかどうか、包み隠さず説明しましょう。

 

・支払い条件について確認する

最後に、これが最も肝心な点ですが、商品の仕入れ価格はいくらか、代金の支払い方法などについて尋ねます。

 

以上の項目について、もれなく伝えられて、アプローチが無事済んだら、後は卸問屋から返事待ちです。

電話の場合は、やりとりの雰囲気で、見込みがありそうか、どうかがある程度わかると思います。その場で即決OK、NGということもありますが、多くはとりえず「検討してみます」という決まり文句で、その場を終えるのが一般的です。

FAXでの依頼の場合は、後日メールで返信してくれる場合もあれば、営業担当者から電話をもらって、FAX内容の補足・確認をすることもあります。

 

その後、卸問屋側で審査をして、その結果、仕入れがOKかどうか、営業担当者から連絡が入ります。

もし、1回や2回失敗しても、めげずに成功するまで多くの卸問屋にアタックしていくのが成功への鍵です。

しっかり準備をして挑めば、成功率も上がっていくと思われます。

 

展示会に足を運んでアプローチする方法

一般の人々にはあまりなじみがないかも知れませんが、展示会とはメーカーや卸問屋が一堂に会して、取引先の企業やお客さんに自社の商品を知ってもらうために商品の紹介や販売を行うイベントです。

出展している卸問屋の中には、新規の取引先を探している所も多くあるので、卸問屋にアプローチする絶好の機会です。

展示会では、卸問屋の担当者と交渉するので、服装はビジネススーツで行きましょう。また、カタログなどを入れる大きめのバッグを持っていきましょう。

初対面の相手にできるだけ好印象を持ってもらえるように、清潔な身なりで、かつ真夏以外はスーツにネクタイは欠かせません。

また、会場内で卸問屋の担当者との名刺交換は必須です。あらかじめ名刺をたくさん作っておいて、当日は最低100枚以上持っていきましょう。

展示会は広い会場で行われ、100以上のブースが並んでいます。ひと通り回ってみて、お目当ての卸問屋や自分が販売してみたい商品を見つけたら、その担当者をつかまえて、まず名刺交換をしてから、いくつか質問してみましょう。

商品について、
・卸売り価格はいくらか
・発注条件、支払い条件について
・商品は、Amazonで販売可能か(これが一番重要です!)

などを聞いてみると、良いと思います。


話し終わって、その場を離れたら、相手からもらった名刺の裏に、相手と話した内容や取引可能なのかなど、相手の印象を○×等でメモしておくと、後で連絡する際の参考になって便利です。

せっかく展示会まで出かけたなら、物おじせず、できるだけたくさんの卸問屋の担当者と積極的に名刺交換するよう心掛けましょう。

 

交渉可能な会社に連絡する

展示会から帰宅したら、さっそくもらった名刺を整理します。

そのうえで、なるべく早めに取引してもらえる可能性がある卸問屋に、電話またはFAXでお礼を兼ねて連絡してみます。

展示会に出展している卸問屋は、商品を売りたくてたまらないので、条件が合えば、新規の依頼でも比較的容易に契約に至ることが可能です。

展示会は、一年を通して全国で開催されています。展示会の開催予定を調べるには、「地域名 展示会」のキーワードで検索するか、JETRO(ジェトロ)のサイトでも展示会の予定が紹介されているので、参考にすると良いでしょう。

最初は、1日で10~20社ぐらいの卸問屋ブースを訪問して、最終的に2、3社と契約できれば良し、くらいの気軽な気持ちで臨みましょう。

卸問屋からの仕入れを効率よく成功させるためには、実は展示会でアプローチするのが一番のおススメと言えます。

 

問屋街に足を運んでアプローチする方法

全国各地に、問屋街と呼ばれる地域があります。文字通り、問屋さんばかりが集まった街です。

東京なら、浅草の合羽橋橋問屋街、日本橋の横山町馬喰町問屋街、大阪なら、おもちゃの松屋町筋や千日前道具屋筋や家具屋筋、船場などが有名です。もちろん東海、九州地方でも問屋街はあります。

このような問屋街を、散歩がてら歩いてみるのも良いと思います。お目当ての卸問屋を直接訪ねる他、思わぬ掘り出し物が見つかるかも知れません。

 

ネット系の卸問屋もある

卸問屋にもいろいろ種類があって、個人でも簡単に仕入れができるのがネット系の卸問屋です。

「ネットショップ」とほぼ同じで、会員登録をするだけで、商品を購入することができます。

代金の支払いもクレジットカードが使えるケースが多いので、「卸からの仕入れ」初心者の方におススメの卸問屋さんです。

以下に、主なネット系卸問屋を紹介します。

NETSEA

大手メーカー商品の取扱いが多く、国内のメーカー仕入れサイトではトップクラスです。アパレル、雑貨、家具・インテリア、事務用品、家電・AVなどを取り扱っています。

 

ICHIOKU.NET

20~30代女性のアパレル関係のメーカー仕入れが可能なサイトです。登録されている商品数も10万点以上と多く、楽天など他のネットショップで売上の上位になっているようなオシャレな洋服が多数仕入れ可能です。
  

スーパーデリバリー

アパレルと雑貨がメインのメーカー仕入れサイトです。1,000社以上のメーカーから60万点以上の商品が登録されていて、その多くはオシャレでファショナブルな商品を扱っています。 

キレイコスメ

日本製の化粧品やコスメ関係に強いメーカー仕入れサイトです。

 

ザッカネット

雑貨に強いメーカー仕入れサイトで、ファッション関係の商品も取り扱っています。 

卸のまいど

生活雑貨や健康グッズなどが仕入れ可能なメーカー仕入れサイトです。



通販素材

寝具や家具に強いメーカー仕入れサイトです。楽天などでランキングに入っているような人気の商品も、仕入れが可能な場合があります。


Rダイレクト

キッチン用品や生活雑貨などに強いメーカー仕入れサイトです。

丸善商店

おもちゃと玩具が仕入れ可能なメーカー仕入れサイトです。

未来問屋

腕時計やバッグなどファッション雑貨の仕入れが可能なメーカー仕入れサイトで、1点からの仕入れも可能なのが便利です。



激安卸問屋

ファッション雑貨がメインのメーカー仕入れサイトで、ブランド時計なども扱っています。


カワダオンライン

おもちゃの仕入れが可能なメーカー仕入れサイトで、1回の注文30,000円以上で送料が無料になる特典があります。


商材王.com

家具やインテリア関連に強いメーカー仕入れサイトです。


問屋丸

ヘルス&ビューティー関連商品などが仕入れ可能なメーカー仕入れサイトで、20,000円以上の注文で送料無料になります。

上記の他にも、個人で購入できる卸問屋サイトは結構ありますので、ネットで検索してみるとよいでしょう。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ

せどりの最大の販売先であるAmazonでは、昨今せどり対策としての規制がますます厳しくなってきていて、状来の仕入れのやり方では、新品出品ができなくなっています。

そのための新たな対策として有力なのが、「卸から仕入れる」ことです。

その方法は、けっして難しいことではなく、せどりビジネスをより効率的に、かつ利益を増やす方法としても大きなメリットがあります。

 

今後の方向として、せどりビジネスを一層拡大・発展し、単なる転売から物販へと進化させていくことを視野に入れるなら、卸からの仕入れは、不可欠な要素になるでしょう。

せどりで、ある程度収益が安定してきてせどりの中・上級者になったら、さらに上のステージを目指して、まだライバルが少ないうちに、「卸からの仕入れ」にぜひチャレンジしてみましょう!