メルカリキャンペーン中!

https://campaign.merpay.com/jp/2019-08-susumerpay?code=TKJKFB

転売初心者にオススメの仕入れ方法と電脳仕入れの基本ポイントとは?

インターネットを利用したサイドビジネスとして、「転売」とか「せどり」といった言葉を聞いたことがある人も多いと思います。

今では、誰でも手軽に手掛けられるお金儲けの一つとして浸透している感じですが、必ずしも誰もが成功するとは限りません。

初心者が始めて失敗しないためには、それなりの知識やノウハウを学んでおくことが必要です。

ビジネスとしての「せどり」にもいろいろなしくみがあり、その中で特に重要な「商品の仕入れ」にもいろいろな方法があります。

今回は、電脳仕入れの方法について、紹介します。

スポンサーリンク

電脳仕入れとは?

「せどり」とは、簡単にいうと、「商品を安く仕入れて、高く売る」という昔からある商売の手法です。

今では、仕入れも販売もインターネットを利用して手軽に行うことが可能になったので、サイドビジネスとして手掛ける人々も多くなっています。

個人が行う「せどり」は、Amazonやヤフオクといったインターネットのサイトで商品を販売する「電脳せどり」が主流ですが、商品の仕入れには2種類あります。

ブックオフや家電量販店、リサイクルショップなどの実際のお店から仕入れる「店舗仕入れ」と、インターネットのオンラインショップやオークションなどのサイトから仕入れをする「電脳仕入れ」という手法です。

今回は、インターネットを使って商品を仕入れる「電脳仕入れ」という手法について、解説していきます。

電脳仕入れは、在宅のまま24時間いつでも仕入れができるので、忙しいサラリーマンや主婦の方でも簡単に行えて、仕入れ方法の主流になっています。

スポンサーリンク

電脳仕入れ、何を仕入れるか?

電脳せどりで販売するメインの場所は、「Amazon」のサイトになります。

従って、電脳せどりで儲けるためには、商品を仕入れる際に、Amazonで販売されている価格より安い価格で売られている商品を見つけて仕入れる必要があります。

Amazonはオンラインショップの巨人で品揃えも多く価格も安いのですが、インターネットの世界は奥深いので、Amazonより安い商品を見つけることは、けっして難しいことではありません。

電脳仕入れの基本ポイントとは?

1.価格差のある商品を探す

せどりは、商品価格の差額を利用して利益を得るビジネスです。価格差のある商品を見つけないと何も始まりません。

何でもよいので、思いついた商品名をヤフオクとAmazonでそれぞれ検索して、価格差を見比べます。

最低でも2倍以上の格差がある品を仕入れ候補に挙げましょう。

このリサーチは、経験を積んで慣れていけば、次第にリサーチ速度が上がっていきます。

2.売れ行きを確認する

Amazonとヤフオクで価格差のある商品を見つけたら、次は売れ行きを確認します。

電脳せどりは「安く買って、高く売る」ビジネスですが、価格差があるからといって、商品が売れなければ意味がありません。

Amazonで出品されている商品の売れ行きをチェックできるモノレートというサイトを使って、売れ行きをチェックします。

モノレートで商品をチェックすると、様々なデータを見ることができますが、取り合えず、「売れ行き(ランキングの上下)」と「最安値の価格遷移」の2点を抑えておけば良いでしょう。

3.利益計算して仕入れる

Amazonでは、ジャンルや商品の大きさによって手数料が細かく設定されています。

FBA料金シミュレーターという利益計算が行えるAmazon公式サイトがあり、これを使えば、正確な手数料を差し引いた利益計算が行えますので、初心者の方は仕入れる時の参考にしましょう。

電脳仕入れ、おススメめのジャンルとは?

1.家電

何といっても、一番のおススメは、商品単価が高く、利益額が高い、家電です。

新品家電せどりの場合は5,000円で仕入れて1万円で売れるような商品が多く、中古家電せどりの場合は5,000円→15,000円のように差額が1万円を超える商品も見つかります。

2.ゲーム機

家電せどりと同じく単価が高いというのはもちろんですが、Amazonの手数料が8%で、他の商品ジャンル(10%~15%)より安いのが魅力です。

同じ理由で、パソコン周辺機器や楽器なども手数料8%かつ商品単価が高いジャンルなので、おススメです。

特に、楽器は競合ライバルが少ないので、穴場といえます。

ゲーム機はゲームソフトとセットで販売される限定デザインの本体や、新しいモデルが出ることによって古いモデルが生産終了しプレミアが付いている商品が多いので、稼ぎやすいジャンルの一つといえます。

3. CD・DVD

基本的に、ジャニーズ系、アニメ系は超鉄板商品が多いのですが、膨大な量の商品があるので、しっかりリサーチすることが大切です。

といっても、全部検索すれば必ず稼げるでしょうが、膨大な時間がかかってしまいます。

そこで、狙い目なのは、「初回限定盤」「ちょっと豪華なパッケージ」「付属品付き」といったもので、プレミアム価格がついて定価よりも高く売れる可能性が非常に高いのです。

ただし、ヤフオクやフリマでは、人気のあるアーティストの初回限定盤の海賊版(偽物のコピー商品)がかなり出回っているので、くれぐれも偽物を掴まされないように、細心の注意が必要です。

Amazonでうっかり偽物を販売した場合、即アカウント停止ですので、誤って偽物を仕入れてしまっても、絶対に販売してはいけません。

電脳仕入れ、仕入れの注意点とは?

Amazonで出品制限される商品が次第に増えてきました。せどり対策ともいわれています。

誤って、出品できない商品を仕入れてしまっては大変です。

仕入れる前に、Amazon公式サイトで、「出品可能商品と出品禁止商品の例示について」を熟読し、十分に確認しておきましょう。

電脳仕入れ、どこから仕入れるか?

仕入れる商品が決まったら、次に、どこから仕入れるか、仕入れ先を選びます。

インターネットでの仕入れ先はほぼ無限にありますので、どこが仕入れやすいかを知っておいた方が良いでしょう。

せどりに取り組むうえで、仕入先を把握することは非常に重要です。

利益が出る商品があったとしても、その店舗情報を知らないと上手に仕入れることができません。

多くの仕入先を知っていれば、それだけ利益の出る商品をたくさん仕入れることが効率よくできるのです。

取りあえず、以下の3種類を抑えておきましょう。

• オンラインショップ

• オークション

• フリマ

この3つの特性をしっかりと把握して、効率的に仕入れましょう。

特に、送料を意識した仕入れを行うことが不可欠です。

ヤフオクなどは出品者によって送料が変わってきますので、その都度確認しておくことが大切です。

中には、一律2,000円とかいってCD1枚購入しても送料が2,000円という「ぼったくり」出品者もいます。余計なトラブルを避けるためにも、しっかりと事前に送料を確認しておくことが大切です。

その点、オンラインショップには誠実な店舗が多いので、安心できます。

〇〇円以上購入で送料無料」 という特典もよくありますので、高額商品やまとめ買いをすることで、仕入れ費用を節約しましょう。

スポンサーリンク

オンラインショップから仕入れる際のポイントとは?

オンラインショップは、基本的に個人ではなく企業が運営しているので、詐欺まがいな事はほぼ皆無といってよく、信頼性は高いのです。

ただ、一点注意するとすれば、お店の評価です。

ヤフーショップや、楽天ショップなどではストア評価やレビューがあります。

レビューを確認して、あまりレビューの悪いお店からは購入しない方が無難です。

後々のトラブルを極力避けるためにも、お店の評価をしっかりと確認してから購入するようにしましょう。

主なオンラインショップ一覧

• 楽天
• ヤフーショッピング
• ロハコ
• DeNAショッピング
• DMM通販
• NETSEA
•ヤマダモール
• ビックカメラドットコム
• ヨドバシカメラドットコム
• エディオンネットショップ
• ケーズデンキオンラインショップ
• ノジマオンライン
• ジョーシンウェブ
• コジマネット
• ツタヤオンライン
• ブックオフオンライン
• トイザらス
• ムラウチドットコム
• ECカレント
• PCボンバー
• アウトレットプラザ
• ローチケHMV
• タワーレコードオンライン
• omni7(イトーヨーカドー系列ネットショップ。旧:7net)
• サークルKサンクスオンライン
• ECナビ
• ハピネットオンライン(バンダイナムコ系)
• NETMALL(ハードオフのネットショップ)
• ネットオフ
• 古本市場オンライン
• フタバブックス
• もったいない本舗
• e-hon
• HonyaClub
• アニメイトオンライン
• まんだらけ通販販売
• アニメガ
• プレミアムバンダイ
• ディズニーストア
• ファミコンデパート
• ファミコンショップお宝王
・・・

オンラインショップは無限にあります。価格.comから様々なオンラインョップに飛べるので、お気に入りのショップを見つけましょう。

アウトレットとタイムセールを狙おう!

オンラインショップでは、オンラインショップオリジナル商品が買えたり、セール時にお得なお買い物ができるのが大きなメリットです。

オンラインショップも実店舗と同じように、「在庫処分セール」「アウトレット(新古品)セール」といったセールを行います。

そこで、アウトレットなどのセール品を仕入れることに目を向けましょう。

楽天、ヤフーショッピングといった大手はもちろんですが、ローカルなオンラインショップでもアウトレット品はあるので、リサーチ次第で利益が取れる商品は見つかります。

楽天なら、楽天スーパーセールの時などは仕入れ時です。

家電量販店のオンラインショップなどでも、型落ちやパッケージ不良などでアウトレット販売しているので、そうした商品をターゲットにして仕入れを行います。

なぜここに焦点を絞るかというと、「新品を中古品として販売している」からです。

ショップで中古として販売している商品をAmazonで新品(もしくはほぼ新品)として販売することによって、大きな価格差が生じやすくなります。

どのショップでも共通して、アウトレットとタイムセールが一番狙いどころです。

また、アニメイトやプレミアムバンダイなど、ブランドが確立されているサイトでは、サイト限定商品が発売されることもあるので、要チェックです。

スポンサーリンク

オークションから仕入れる際のポイントとは?

続いて、オークションです。

オークションとは、簡単に言えば「競り(せり)」で、一番高く金額提示した人が購入することができるシステムです。

システムの都合上、入札ライバルが多い時は値上がりし、ライバルが少ない時は予想外の激安特価で仕入れることができます。

また、即決という商品がたまに登場して、出品者が提示した金額で買えることもあります。これに出会ったらラッキーです。

主なオークションサイト一覧

• ヤフオク
• モバオク

オークションサイトの中でも群を抜いて稼ぎやすいのが、ヤフオクになります。

ヤフオクは、出品しているユーザー数が断トツに多いので、それだけ仕入れられる商品数が多いからです。

また、個人の出品が多く、本来の相場より安く商品が買えるのが特徴です。

オークション形式なので、人気のある商品はある程度決まった相場で落札されますが、ほとんどの場合はAmazonより安く購入できます。

ただし、個人売買という特性上、注意が必要です。

ヤフオクは保証なし、手間あり、確実に買えない、配送が遅いといったデメリットと引き換えに価格が安いのです。

出品者の中には、詐欺まがいのぼったくりを行う悪質な人物がたまに紛れ込んでいる場合があります。オークション最大規模を誇るヤフオクだからといって、油断してはいけません。

しっかりと出品者評価を確認して、リスクを極力避けるようにしましょう!

一般的に、「良い評価」の確率が99%以上の出品者は非常に信頼できると思ってよく、仕入れても問題ないでしょう。

フリマから仕入れる際のポイントとは?

オークションは競り(一番高く提示した人が購入することができ)ですが、フリマは出品者が提示した価格で商品を購入することことができます。

オークションはライバルが増えれば価格が高騰しますが、フリマの場合は出品者の提示価格で仕入れることができるので、非常に安く仕入れられる可能性が高く、最近注目されています。

フリマの最大の特徴は、商品価値がよく分からない初心者が、自分の金銭感覚で不用品を販売することが非常に多いので、プレミア商品を激安特価で仕入れられる可能性が高いことにあります。

主なフリマサイト・フリマアプリ一覧

• メルカリ
• ラクマ
• フリル

フリマの中では、やはり最大ユーザーを持つメルカリがおススメです。

メルカリでは値下げ交渉が簡単にできるため、交渉次第では、さらに仕入れ値を安くすることができます。

ただし、オークション同様、フリマの場合も完全に個人間取引になるので、トラブルに巻き込まれないよう、出品者の評価に注意を払うことが非常に重要です。

ただ、ヤフオクに比べ評価が圧倒的に少ないので、評価だけでは判断することが難しいのです。

そのため、出品説明文によって出品者の性質を見極めるようにしましょう。

超穴場的仕入れ先「ジモティー」とは?

0円で仕入れられる、究極の「電脳仕入れ」先ともいえる「ジモティーをご存知ですか?

中古あげます!譲ります!」というキャッチフレーズで有名なフリマです。

不用品を捨てても粗大ごみ回収代金を払うぐらいなら、無料で貰ってくれる人にあげましょう、という感覚のサイトです。

メルカリなどのフリマアプリの誕生によって、利用者が少し減少しましたが、まだまだ稼げるフリマといえます。

品物はピンキリで、あまり贅沢はいえませんが、何しろ無料で手に入るのでノーリスクです。

各都道府県別に検索できて、出品者が近所に住んでいる場合は直接手渡しでもらうこともできるので、仕入れ費用を完全にカットできます。

かなり便利で稼ぎやすいサイトですので、有効活用していきましょう!

まとめ

「商品を安く仕入れて、高く売る」転売ビジネスの「せどり」の主流ともいえるのが、インターネットを活用してオンラインショップ、ヤフオクやフリマなどから仕入れて、Amazonで販売する「電脳せどり」です。

そして、インターネットを活用してオンラインショップ、ヤフオクやフリマなどから仕入れることを「電脳仕入れ」と言います。

オンラインショップ、ヤフオク、フリマそれぞれの特性を十分理解したうえで、少しでも売れ筋のものをより安く、効率的に仕入れることが、せどりビジネスで成功するための一番基本になるのです。