メルカリキャンペーン中!

https://campaign.merpay.com/jp/2019-08-susumerpay?code=TKJKFB

転売初心者がするべきオススメの国内せどり仕入れの方法とは?

インターネットを利用したサイドビジネスとして、「転売」とか「せどり」といった言葉を聞いたことがある人も多いと思います。

今では、誰でも手軽に手掛けられるお金儲けの一つとして浸透している感じですが、必ずしも誰もが成功するとは限りません。

初心者が始めて失敗しないためには、それなりの知識やノウハウを学んでおくことが必要です。

ビジネスとしての「せどり」にもいろいろなしくみがあり、特に重要なのが「商品の仕入れ」です。そこで今回は、「国内せどり仕入れの方法」について、紹介します。

スポンサーリンク

国内せどりとは?

せどり」とは、簡単にいうと、「商品を安く仕入れて、高く売る」という昔からある商売の手法です。

今では、仕入れも販売もインターネットを利用して手軽に行うことが可能になったので、サイドビジネスとして手掛ける人々も多くなっています。

国内せどり」とは、日本国内で商品を仕入れて、日本で売る転売手法です。

スポンサーリンク

国内せどり、どこから仕入れるか?

国内せどりでは、大手ディスカウントストア・家電量販店、ブックオフなどの中古品量販店(昔は「質屋」なんていうのもありました)、リサイクルショップなどの実際の店舗から仕入れる方法と、それらのオンライン(ネット)ショップなどから仕入れる方法があります。

ちなみに、インターネットを利用したオンラインショップやヤフオク、メルカリなどから仕入れる方法を「電脳仕入れ」といいます。

国内せどり、店舗仕入れの注意点とは?

店舗仕入れは、実際にお店に足を運び商品を一つひとつ手に取り、状態や価格をチェックして、売れ筋のものが相場より安ければ仕入れ、それをAmazonやヤフオクで販売します。

場合によっては、店側と値引き交渉を行うなどプロのバイヤー並みのスキルやノウハウが求められることがあり、また購入した商品は自分で持ち帰るので、結構労力が大変です。自動車であちこち回って仕入れることになるでしょう。

また、大手ディスカウントストアでは、昔はクレジットカードが使用できない店舗が多かったのですが、最近は使用できる所が増えています。ただ、今でも使用できない店舗もありますので、あらかじめ買い付けに訪れる前に確認しておきましょう。

国内せどり、電脳仕入れのメリットとは?

インターネットが普及して、今では、ほとんどの店舗がホームページを開設し、同時にオンライン(ネット)ショップを併設しています。

しかもAmazon、ヤフオク、メルカリなど、一般の人々が気軽にショッピングに参加できるサイトやアプリが登場したことにより、わざわざ外出しなくても、自宅にいながらネット上で商品を見ていけるので、朝でも夜中でも、時間帯を問わず仕入れが可能になったのです。

その結果、お店が近くになくても、日本全国の仕入れ先から「安くて売れ筋のもの」を簡単に仕入れられるようになりました。

例えば、同じ商品でもいくつもの店舗を回って、1円でも安いものを探す代わりに、ネットで検索すれば、瞬時に価格や状態の比較ができるのです。

店舗で仕入れたものでも、販売する時はAmazonやヤフオクなどのインターネットのサイトを利用するわけですから、それなら、仕入れの段階からインターネットを利用する方が効率的というものです。

もちろん、中には、オンラインショップには出品せず、店舗にしか出さない、という掘り出し物がある場合もあるので、店舗仕入れを全く無視するわけにはいきません。

ただし、そうした掘り出し物や逸品を仕入れるには、かなりの経験を積んで目利きが利く、「せどり上級者」になることが望まれます。

「国内せどり」初級・中級者には、まず電脳仕入れがおススメです。

そして、ある程度実績を積み上げていった後で、店舗仕入れを手掛けても決して遅すぎることはないでしょう。

国内せどり、何を仕入れるか?

では、国内せどりでは、どのようなものを仕入れたら良いのでしょうか?

せどりの基本は、あくまで「安く買って(仕入れて)、高く売る」ことにありますから、少なくともせどりをビジネスとして取り組むには、「需要と供給の法則」ぐらいは最低限、抑えておきましょう。

いうまでもないことですが、いくら安くて品質が良い商品でも、需要がなければ売れません。

また、需要があっても供給が多ければ、販売価格は安値競争になりがちで、肝心の儲けは少なくなってしまいます。

一方需要が高いのに供給が少なければ、どんなに価格が高い商品でも売れ、儲けは多くなります。

従って、仕入れの際は、今、どんな商品がたくさん売れるのか、またその儲けはどれくらいなのか、それらを正しくチェックして見極めることが大変重要になってきます。

これをしくじると、売れない在庫を抱えて、赤字が続いて資金がなくなり、結果「せどり」から撤退、ということになってしまいます。

国内せどり、商品リサーチが不可欠

そこで、仕入れる前に、売れ筋の商品は何か、商品リサーチが欠かせないのです。

有難いことに、Amazonでは、過去に売れた商品をすべて公開しています。

なので、公開されている情報をもとに、

・過去にどのくらい売れているのか?
・どの値段で売れているのか?
・今その商品を売っている出品者は、何人くらいいるのか?

これらの情報がすべて、Amazonのモノレートというものに公開されているので、このモノレートをもとに仕入れれば、利益の出る商品だけを仕入れることが可能になってくるのです。

スポンサーリンク

国内せどり、売れ筋の商品は何か?

商品リサーチで、売れ筋商品をピックアップすると、大体、次のようなアイテムが挙げられます。

・ゲームソフト

できれば、未開封の新品に越したことはありませんが、年代が古くてもできるだけ状態が良いもの、希少価値のあるもの、限定プレミアムのお宝品などを選びましょう。

中古のゲームソフトを仕入れる時は、必ず商品のケースと説明書が付いているものを選びましょう。少しでも高値で売れるポイントになります。

また、アーティストの人気や話題性などによって、相場価格は左右されますので、絶えず情報のアンテナを張り巡らしておくのが望ましいですね。

・家電品

中古家電は、新品に比べると利益が出る商品が見つかりやすいのです。

中古品全般に言えることですが、中古品は付属品の有無で値段が変わってくるので、できるだけ本体だけでなく、説明書や外箱も付いてある方が当然ながら高く売れます。

また、季節もの家電については、時期を意識すると仕入れがしやすくなります。

例えば、暖房器具のホットカーペット、ヒーター、加湿器、除湿機などは、比較的安値で売られている夏の終わりから秋口にかけて仕入れておくのが秘訣です。

一方、プリンターなどは一年中、中古でも需要があります。

大きいもの、かさばるものほど仕入れをするのが面倒なので、そういうものこそ同業ライバルが少なく、稼ぎやすいとも言えますね。

・インテリア

家具を始め、ラグや小物類等のインテリア関係全般も売れ筋商品です。

大型の家具は保管場所等の問題で、せどりするのは難しいでしょうが、小型のインテリア雑貨等はせどり販売にも向いています。

特に、リビングや台所等のオシャレインテリアは需要が非常に高く、狙い目です。

・エンタメ関連、ホビー関連

いわゆるフィギュアやコミック本などです。

フィギアはマニアに根強い人気がありますが、新品に限ります。

コミック本ならシリーズものは全巻セットで揃えて仕入れておくと、かなり高値での販売が期待できます。

・ベビー用品

意外に思われるかも知れませんが、ベビー用品は人気商品の一つです。

子供の成長はとても早いので、購入するサイクルも早くなるのですが、その分使わなくなる商品やアイテムも多くなります。中でもベビーカーは特に人気の商品です。

・健康グッズや美容関連の商品

20代、30代の女性向けの売れ筋商品です。

化粧品は高い上に、実際に買って使うまで自分に合うかどうか分からない部分も多いので、まずは使用品でも中古で買ってみようという消費者心理が影響するようです。

コスメや香水も、買ってみたけど自分に合わなかったという商品もよく出回るので、新品の購入まで至らなかったユーザー向けに人気の商品です。

・スポーツやレジャー用品

テニスやゴルフなどの通年ものだけでなく、ウィンタースポーツやマリンスポーツなどのグッズやウェアなども、シーズン前になると爆発的に人気が高まります。

もちろん、新品に近いほど高値が付けられます。

スポンサーリンク

国内せどり、どこから仕入れるか?

仕入れるものが決まったら、いよいよ仕入れにかかります。

ヤフオクやメルカリなどから、同じ商品でも、少しでも安く売られているものを探し出します。

ここでおススメなのは、メルカリです。

ヤフオクの場合は、どちらかというと、業者の利用が多く、業者が市場を調査して値段を付けるので、よほどのことがない限り相場外れの値段を付けることは少ないのです。

一方、メルカリはあくまでも個人での出品がメインとなるので、いわば素人さんが値段の相場が分からず、結構良い商品が相場よりはるかに安い値段で販売されたりしているのです。

また、メルカリはオークション形式ではないので、購入する時、基本的には出品時の提示価格になりますが、値下げ交渉が可能なので、商品によっては安値で仕入れられることも多々あります。

メルカリは、基本的に不用品売買のフリマアプリなので、出品物をよく見ていくと、「こんな逸品?がこんな低価格で!?」と驚くようなお得な掘り出し物が混じっていることもあるので、おススメの仕入れ所なのです。

国内せどり、店舗仕入れも見逃せない

まずは、電脳仕入れに慣れていき、商品知識が付いてきたら、プラスαとして店舗仕入れにも取り組んでみるのが良いでしょう。

ある程度目利きの力が付けば、お店での買い物ついでに、容易に商品の仕入れができるようになります。

・新品のワゴンセール

新品のワゴンセールは、店舗ではあまり売れていない商品がよく陳列されています。

しかし、ネットの売れ筋ランキングでは、すごく売れているような商品も結構混じっているので、見逃せません。

・ブックオフのセール

中古品量販店の代表格ともいえるブックオフでも、年に数回セールを大々的に行っています。

中古のコミック、CD・DVD、ゲームソフトなどの売れ筋商品が安値で出回っているのを、時間をかけてじっくり見定めるのも「仕入れの勉強」になります。

まとめ

国内せどりは、日本国内で「安く仕入れて、高く売る」転売手法です。

商品の仕入れは、店舗仕入れ(実際の店舗から購入する方法)と、電脳仕入れ(インターネットのオンラインショップやヤフオク、メルカリなどのサイト・アプリから購入する方法)がありますが、現在は電脳仕入れが主流です。

いずれにしても、国内せどりの成功のカギは、「売れ筋のものをいかに多く仕入れられるか」にあります。

最初のうちは、トライ・アンド・エラーを重ねることも必要かも知れません。

しっかりした商品リサーチと、確かな目利きを養って、着実に利益を上げるように頑張ってください!