メルカリキャンペーン中!

https://campaign.merpay.com/jp/2019-08-susumerpay?code=TKJKFB

ヤフオク初心者でも出品は超カンタン!!手数料をお得にする㊙︎テクニック

こちらの記事をご覧頂き検索されているということは、

  • ヤフオクの手数料を知りたい
  • 落札の手数料っていくら?
  • 出品の手数料もいくら?

 

上記のような事を調べたくて検索されているかと思います。

 

落札した事は多くの方が
経験あるかと思いますが、
意外に出品となると面倒ではないか?
と感じる方が多くいると思います。

しかし、登録や出品作業、
売れてお金が手に入るまで
思ったよりもずっと簡単に
行うことが出来ます。

 

出品方法が分からない方の為に、
今回は知っておきたい
ヤフオクの手数料や始める方法
得られるポイントなどを徹底解説していきます!

 

目次

ヤフオク出品の手数料ってどのくらい??

 

(画像)

まずサイトに登録から準備してゆきましょう!
場合によって利用料や手順も変わってくるので、
1つ1つ整理して紹介していきます。

 

スポンサーリンク

ヤフオク登録方法と要注意点

 

ヤフオク登録方法

ヤフオクを利用するには、
Yahoo! JAPAN IDが必要です
ヤフーのサイトにて無料で登録が出来ます。

登録した時点で、ヤフオクへの入札(購入者)
としての利用が出来るようになります。
ですが!販売(出品者)としての利用は
他にも登録が必要になってきます。

 

ヤフオクを出品者として利用するには?

  • Yahoo!プレミアム会員への登録が必須
  • 会員費として毎月498円の利用料がかかります

 

 

毎月多くの商品を出品が可能であれば大丈夫ですが、
さほど頻繁に出品しない人は利用料の方が発生しますので
ヤフオクの出品は充分に検討しましょう。

プレミアム会員の利用料や
取引の際に金銭のやり取りは、
Yahoo!ウォレットを使用して行います
そちらも併せて登録が必要になってきます。
身分証明や年齢確認などの手続きが完了すれば
ヤフオクでの出品が可能になります。

 

Yahoo!ウォレットとは?

 

(画像)

利用には満15歳以上の高校生からと年齢制限があります。
中学生以下の方はヤフオクの利用するこが出来ません。
また、売上が一定額以上あるような方や
業者は出品はできません。
あくまで、ヤフオクの利用は個人での
売買の利用目的が基本になります。

 

【ここまでに終わらせたい点】

・ヤフープレミアム会員の登録

・ヤフーウォレットの登録

 

スポンサーリンク

利用料と手数料

 

ヤフオクの利用料と手数料は全てが一律ではなく、
商品のカテゴリーなどによって
出品料金システム利用料と
出品システム手数料がそれぞれ異なってきます。

 

一般的な出品商品

大体の商品は、プレミアム会員になれば
出品が可能になります。出品し落札されて
取引が成立した際には、
落札額の8.64%が落札システム手数料
として必要になります。
これは消費税も含まれた総額に対して8.64%になります。

 

ちなみに送料には手数料がかからないので、

出品者は商品単価を下げて送料を高くした方が良いですね!

 

 

特定カテゴリーの商品の場合

 

一般の商品とは違い、車両や船舶といった
大型で特殊な商品などは特定カテゴリーの商品として
別途で利用料が必要になります。

中古車や新車、トラックやダンプそして
建設機械、キャンピングカー、
部品を取った車両は出品1点ごとに税込3,024円が必要になってきます。

(画像)

更に落札した時には手数料も、
値段に関わらず税込3,024円になりますので、
出品の際には注意して行うのが必要です。

 

スポンサーリンク

出品取り消しのシステム利用料

何件か取引を行っていると、入札された商品の出品を
取り消したい場合もあると思います。。
ヤフオクの場合は取消1件につき税込540円
が発生してきます。

なお、特定カテゴリー商品の取り消しに関しては
別の料金設定となっています。
車両関係(オートバイを除く)は
キャンセル手数料が税込3,024円かかり、
オートバイと船舶関係は税込540円かかってきます。

入札がされる前のキャンセルは無料で行えますが、
出来るだけキャンセルがないように
出品する際は注意する必要があります。

 

殆どの方は車両など特定カテゴリーを出品される事は無いと思いますが、

念のため頭に入れておきましょう♪

 

スポンサーリンク

オプション利用料金

 

出品した商品を出来るだけ目立たせて、
購入率を上げる為にも、
色々な努力も欠かせません。

ヤフオクですと有料オプションですが、
有利に商品表示をしてくれる便利な機能があります。

  • 最低落札価格    →   税込108円
  • 注目のオークション →   税込21.6円〜
  • 太文字テキスト   →   税込10.8円
  • 背景の色                  →   税込32.4円
  • 目立ちアイコン   →   税込21.6円
  • 贈答品アイコン   →   税込21.6円

 

↑上記のようになっています。
ご自身の予算や出品する商品によって
他者と差が付くよう工夫して使い分けると良いでしょう。

 

その他の注意するべき点

 

落札の手数料は通常は落札価格の8.64%が
必要になってきますが、例外もあります。

落札の価格が624円以下で、
さらに落札者が送料を負担するといったケースでは、
落札の手数料が一律で54円となります。
そのため、落札の価格によっては
赤字になってしまう可能性も出てきます。

ですので、出品の際の価格には
注意して設定する必要があります。

 

ワンプライス出品

 

(画像)

 

ワンプライス出品とは

2016年に登場した
ヤフオクの新システムです。
このシステムは、ヤフオク!の
アプリのみでの使用となり、
利用できる機能にも制限などがあります。

機能に制限はありますが、
Yahoo!プレミアム会員に登録が不要で、
Yahoo! JAPAN IDを持って入れば
出品が無料で行えます。

Yahoo!プレミアム会員に登録して行う
ヤフオクに比べて簡単に出来ることから、
初心者の方にはとてもお勧めのシステムです。

 

ワンプライス出品の特徴

 

Yahoo!プレミアム会員に登録して行う
ヤフオクに比べるとかなり制限があります。

まず始めに、出品できる商品の数が1点のみ
ということです。
また、即決価格での取引のみとなります。

そのため、入札が入れば
すぐに取引する事が出来ます。
しかし、決算方法や
配送方法は選択できず、
決められた方法のみでの取引になってしまいます。。

また、落札手数料が
Yahoo!プレミアム会員であれば
8.64%ですが、
プレミアム会員でなく取引する場合は
10%となってしまいます。

 

フリマ出品

 

(画像)

 

フリマ出品とは

2017年からスタートしたフリマ出品は、
メルカリのように即決価格での取引が行えます。

Yahoo!プレミアム会員への登録は不要で、
Yahoo! JAPAN IDを持っていれば無料で出品可能です。
しかし、ワンプライス出品と同様に、
非会員ならば落札手数料は10%で
プレミアム会員なら8.64%となります。

出来るだけ早く入金して欲しい場合は
ワンプライス出品とフリマ出品を利用し、
なるべく高値で売りたい時は、
ヤフオクの入札形式とで使い分けると良いでしょう。

 

ヤフオクはカンタン決済で手数料を無料に!!

 

(画像)

 

ヤフオクの決済時にYahoo!かんたん決済を使用すれば、
落札されて得たお金の受け取り時の手数料が
無料になったり、Tポイントも溜まったりと
お得にできる方法があります。

賢く使えば、
落札手数料が実質0円で利用できるので、
しっかりとポイントを押さえていきましょう!

 

Yahoo!カンタン決済

 

(画像)

 

Yahoo!カンタン決済とは

ヤフオクでのお金の取引を
ヤフオクが間に入って安心、安全に
行えるサービスです。
出品者と落札者で直接取引をすると、
トラブルが起こる可能性もあるので安心です。

直接お金のやり取りをすると、
口座番号を教えたり、
クレジットカード情報を
提示したりなど、
個人情報がお互いに知られて
悪用されてしまう危険性もあります。

上記のような事を最小限のリスクに抑えて、
お互いに安心で快適に行える
運営がされています。
落札者は銀行やゆうちょ、
クレジットカード、Tポイントなどから
支払も多数選択でき好みの方法が選べます。

また、出品者は落札で得た代金を
現金以外にYahoo!マネーとしても
代金の受け取りが可能です。
Yahoo!マネーで受け取りをすると
同時にTポイントもたまるメリットがあります。

 

落札手数料が実質0円の受け取り方法とは??

 

ヤフオクではTポイントをためたり、
使ったりできるのがメリットの1つですが。

落札者が支払い時にTポイントを
利用するのも選択が可能ですが、
いくつか他にも方法があります。

 

Yahoo!マネー決済

 

電子マネーのようにお金をチャージして
支払う決済方法です。

チャージするとTポイントが1%もらえ、
さらにYahoo!マネー決済で1%もらえるので
合計2%ものTポイントがためることが出来ます。

手数料など発生しないので、
現金での利用よりも確実にお得に使えます。
例えば、、、1万円チャージして、
1万円で落札&決済をした場合は、
Tポイントが200ポイントもたまります。
実質200円分のポイントが戻ってくるのです。

 

預金払い

 

支払いに銀行振込も利用可能ですが、
ヤフオクに口座を登録して、
登録した口座から引き落としをするようにして
Tポイントが1%ためられます。
手数料も無料なので、
通常に銀行振込を利用するよりお得です。

また、ジャパンネット銀行の口座を
持っていれば2%のTポイントが
ためられるので、ヤフオク用に
ジェパンネット銀行の口座を用意するのもオススメです。

 

Yahoo! JAPANカード

 

(画像)

 

クレジットカードで支払う場合は、
Yahoo!JAPANカードをお勧めします。

確実にTポイントがたまり、
出品する際には本人確認なども不要になります。
そして、自動で中古商品の
補償対象になることが出来ます。

落札や出品が時間をかけずに出来るという点で、
時短でお得に
ポイントも貯められてオススメです。

 

ヤフオクとメルカリどっちがお得??

 

(画像)

 

ヤフオクの仕組みやポイントを
理解したところで、
大手のフリマサイト
メルカリとどっちがお得かを
いくつかのポイントで比較してみます。

最終的な判断は販売者の生活スタイルや考え方
商品のジャンルなどによっても違ってくると思いますので、
あくまでも参考資料としてご活用頂ければと思います。

 

システムの違い

 

ヤフオクのシステム

 

ヤフオクはオークション形式にて
取引を行うサイトになります。

基本的には、出品者が最低落札価格と
落札時間を設定して、その中で
オークションを行う形になっています。
最終的な販売価格は落札時まで分かりませんが、
商品によっては予想以上の価格で落札される
こともあります。

メルカリでは出品時の価格から
下がっていくのに対して、
ヤフオクでは上がっていく
という違いがあります。

 

メルカリのシステム

 

(画像)

メルカリはフリマサイトとして
利用者を集めているサイトになります。
そのため、価格設定の仕方は
出品者が設定をして、その価格で
買いたい人を探すという形になります。

またメルカリでは、値下げ交渉も可能
となっており、出品者と落札者が合意すれば、
当初の価格よりも低い価格での
取引成立もあり得ます。

そのため、出品者は予定の価格での
取引がされない場合も多いので、
交渉の駆け引きが大切になってきます。

 

システム手数料と落札手数料

 

ヤフオクの利用料

 

ヤフオクでは、出品するために
Yahoo!プレミアム会員になる必要があり、
システム利用料として
月額498円かかってしまいます。

定期的に多くの商品を
出品する人にはシステム利用料は
すぐに回収することが出来ます。

また、Yahoo!プレミアム会員であれば、
落札手数料が8.64%となります。

上記で説明したように、
決済方法などを上手く使えば
システム利用料と落札手数料分の
ポイントが還元されるので、
実質0円で出品することが可能になります。

 

メルカリの利用料

 

(画像)

 

メルカリの魅力は、システム利用料が無料
という点があげられます。

毎月のシステム利用料(=固定費)
がかからないという理由で、
若い人の利用が非常に見受けられます。
そのため、小物からブランド物まで、
価格帯やジャンルも幅広く出品されています。

メルカリでは落札時に落札価格の
10%が手数料としてかかります。
価格の低い商品であれば
あまり手数料はかかりませんが、
高い商品は手数料だけでも
数千円以上かかってしまいます。

 

ヤフオクのフリマ出品も!!

 

メルカリと同様のシステムで
ヤフオクも出品することが出来て、
商品によってオークションで売るか?
フリマで売るか?を
使い分けられるようになりました。

また、ヤフオクでは
Tポイントという強みがあるので、
お得さではヤフオクの方が良いかもしれません。
しかしスマホの普及した最近では、
メルカリがかなりの勢いで
利用者を獲得しています。

出品する際は、
商品のジャンルや購入者のターゲットに
よってメルカリとヤフオクを使い分け
て、
さらにポイントやキャンペーンなども
使いながら利用するのが1番良いかもしれません。

 

まとめ