メルカリキャンペーン中!

https://campaign.merpay.com/jp/2019-08-susumerpay?code=TKJKFB

単純転売の仕入れ方法とは?

インターネットを利用したサイドビジネスとして、「転売」とか「せどり」といった言葉を聞いたことがある人も多いと思います。

よく、ニュースなどで話題になる、人気アーティストの公演チケットが発売開始とほぼ同時に完売して、直後にヤフオクなどに超高値で出回る・・・なんていうのも、「転売」の一つですね。

ただ、こうしたチケット転売は、違法行為にあたりますので、くれぐれも手を出さないように気を付けましょう。

それ以外の「転売」自体は何らやましいことではありませんので、今や誰でも手軽に手掛けられるお金儲けの一つとして浸透している感じですが、必ずしも誰もが成功するとは限りません。

初心者が始めて失敗しないためには、それなりの知識やノウハウを学んでおくことが必要です。

そこで、ビジネスとしての「転売」にもいろいろなしくみがあるのですが、今回は、単純転売の仕入れ方法について、紹介します。

スポンサーリンク

単純転売とは?

今では、書籍、CD・DVD、家電品、衣料品、雑貨類、その他あらゆるものが転売の対象になります。

一般的な転売ビジネスで「単純転売」というと、海外で販売されている品物を単純に仕入れて日本で販売することをいいます。

なぜ海外から仕入れるかというと、日本よりも安く仕入れられるからです。

スポンサーリンク

単純転売、どこから仕入れるか?

転売のポイントは、「安く買って(仕入れて)、高く売る」ことにあります。

その場合、日本よりも物価や貨幣価値が低い海外、特に中国などから商品を購入して、日本でできるだけ高値で販売して、差額分を稼ぐということが真っ先に思い浮かびます。

その際、海外から商品を購入するのですから、初心者でも安心して取引できるAmazonの利用がおススメです。

つまり、「単純転売」とは、ひと言でいうと、海外のAmazonから購入(仕入れ)して、日本のAmazonなどで販売することなのです。

単純転売のメリットは、海外のAmazonから1個からでも購入できるので、転売入門者の個人が手始めに行うのに適しているということです。

資金がなくても、とりあえず試しに海外のAmazonから手頃な品をクレジットで購入し、日本国内で購入価格より高値で現金決済で速やかに売りさばければ、お小遣い程度の利益が得られるでしょうし、しかもクレジット決済で購入代金が引き落とされる前に販売代金が得られるので、リスクもありません。

そうして少しずつ実績を積み上げて、資金を確実に増やしながら徐々に取り扱い範囲を広げてゆくのが賢明でしょう。

単純転売、何を仕入れるか?

単純転売は、誰でも容易に始められるので、同業者が多く、ともすれば過当競争になりがちなのが最大のデメリットといえるでしょう。

すぐ売れる人気商品は、Amazon、ヤフオク、メルカリでも同じ商品がたくさん出回っています。

同じ商品であれば、1円でも安いものを選ぶのが消費者心理です。

すると低価格競争になりがちで、売れても仕入れ値とほとんど変わらず、利益が出ない場合が生じることもあります。

いわんや赤字になってしまっては、何のための転売ビジネスか、意味がなくなってしまいます。

単純転売は、商品リサーチが重要になる。

単純転売をビジネスとして取り組もうとするならば、まとまった金額の利益を得るために、ある程度扱う商品の量や種類を増やす必要があります。

その中で、利益は少ないが、大量に仕入れられてすぐ売れる商品、一方少量だけど、利益幅が大きい商品など、どんな商品を扱えば効率的に儲けられるのか、その見極めが重要なポイントになります。

単純転売は、どちらかというと、少量多品種を扱うのに向いています。

とにかく、転売ビジネスの成功のポイントの第一は、できる限り在庫を持たないことです。

少なくとも仕入れ費用の支払いよりも先に販売代金を得ることができなくなると、資金不足になって、ビジネスを続けられなくなる恐れが生じてしまいます。

何を仕入れればよいのか、海外と日本の価格差(利益幅)が大きく、たくさん売れそうで、しかもライバルが少なそうな商品を探すこと、すなわち商品リサーチが重要になるのです。

Amazonで商品リサーチを行うには、モノレートというサイトとモノゾンという拡張機能を使うと便利です。

モノレートとは、Amazonの相場であったり、月にどれくらい売れているのか?出品者はどれくらいいるのか?どれくらいの値段で売れているのか?ということを見ることのできる非常に便利なツールです。

モノレートを見ることにより、リサーチした商品がどれだけ売れるのかチェックして、利益の出る商品だけを仕入れることができるわけです。

Amazonで仕入れる際の注意点とは?

海外のAmazonから仕入れる場合、個人から仕入れた商品は日本のAmazonでは新品で売ることはできないので、注意が必要です。

また、カテゴリー制限やブランド制限、そして出品制限など多くの制限がありますので、仕入れる前にあらかじめよく確認しておきましょう。

スポンサーリンク

まとめ

単純転売は、Amazonを利用して、「海外から安く買って(仕入れて)、日本で高く売る」ことを商品1個からできるので、転売ビジネスの初歩的な基本ともいえます。

本格的にビジネスとして進めるには、できるだけ利益幅が大きく、かつ売れやすい商品をいかにたくさん仕入れられるかが成否のカギとなるので、成功するためには商品リサーチが大変重要になるのです。

また、Amazonを利用して単純転売を行う場合は、くれぐれもAmazonの購入(輸入)・販売に関するルールを守ることをお忘れなく。