不用品を1円でも高く売る方法とは?

家の掃除などで不用品が出てきた時にあ、これ売れるかも!と思った事はありますか?
とはいえ、せっかく売るなら少しでも高く買取ってもらいたいものですよね?

リサイクルショップなどに少しでも高く売る方法はこちら

今回は、不用品をリサイクルショップなどに売る際に店員に絶対に言ってはいけない言葉を教えます。これを言ってしまった瞬間に、あなたの品物は適切に査定をしてもらえなくなる可能性がありますので注意しましょう。

 

スポンサーリンク

1,査定だけお願います。

「査定だけお願いします。」

この言葉は言ってはいけません。
特に、「だけ」という部分が重要で、店側から言うと、査定だけお願いしたいということは、今は売る気がないと伝えている事になります。

 

「査定だけお願いします。」またはしたいんですけど。

こう言われた店員は、「今売らないなら真面目に査定する必要ないな」とか、適当に価格つけようと思う人は悲しいですがいます。査定は無料でやってるけど、査定だけするのは時間の無駄だし。

と、こういう判断をする可能性があります。というかほぼそうすると思います。

その査定額が意外に高くても、後日売りに行った時に、「相場が落ちました」と言われて前回よりも価格を下げられる可能性大です。

なので、物を売る時はできるだけ、

  • 本気で売りたい!
  • 高い査定なら今すぐ売りたい!

というアピールを店員にすることで、適当な査定をされることはなくなると思います。

よく家を借りる時にも今日決めたいんですと言うやる気を伝える事によって、いい条件の賃貸が見つかりやすい。店員のやる気が上がって態度がよくなることがあります。

また、似たような言葉で、「今は売る気がないけど」とか「品物を持ってきてないけど参考程度に聞かせて」となんて言う人もいますが、これもやってはいけないです。

簡単に言うと、今すぐ売らないと判断されるようなことは言ってはいけないということです。

本当は売る気がなくて、査定だけお願いしたい時でも、これ売りたいんですけど!と店員に伝えて査定してもらうことが大事です。品物を持ってきていないときでも取りにいくのでと伝えることも大事です。

そして査定が終わったら、「やっぱり今はやめときます」とか「相談します。」でかわしてください。査定したら絶対に売らなければいけないということはありませんので。

スポンサーリンク

2,無料でもいいから引き取って欲しいんです。

出張買取をお願いした時に言ってしまいがちな言葉でめちゃくちゃ言う人が多いです。

出張買取をお願いするということは、自分では運びだすのが大変な大型家具や家電を売る場合や、引越しなどで急いでる時が多いと思います。

なので、つい「無料でも引き取ってもらえると助かります」なんて言ってしまいますが、これを言った瞬間にあなたの品物の価値は0円になります。

それは、値段がつくはずの家具や家電だって、これを言った瞬間に店員は、

  • 「無料でいいって言ってるしお金を出す必要はないな。」
  • 「本当は値段がつくけど、無料で引き取ろう」

と考えます。

これは本当についポロッと出てしまう言葉なので絶対に注意しましょう!
ボロボロで値段なんかつかないだろうなと思っても判断するのは店側なので強気で買い取ってくれという気持ちでいることが大事です。

3,価値がよく分からないんですけど買い取れますか?値段つきますか?

これも多いですね。自分でも価値がよくわからないけど、いらないから売ってしまいたい物もあると思いますが、店員に「頂き物で価値があるか分からないんですが、査定お願いします」

なんて言わないようにしましょう。これはアクセサリーを売る時に男性が言ってしまいがちです。
興味がなかったり、価値を知らない場合でも価値を知ってるんだという気持ちでいきましょう。

あなたにその品物に対する知識がないと判断された時点で、店員は「この人は品物の価値が分かってないから買い叩ける!」と思われてしまいます。

そこで安い査定をされても、知識がないと

「そんな価値なかったか。」

「プロがそう言ってるんならそうなんだろう」

「安いけどいらないしな。」

と思って売ってしまうでしょう。

 

本当は違う店舗であればその倍以上の値段で売れたかもしれないのに後悔することになってしまいます。似たような言葉で、「これは売れないですよね?」とか「無理なら無理でいいんですけど。」とかもわざわざ言う必要はありません。

気をつけましょう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

不用品を1円でも高く売る方法とは?まとめ

リサイクルショップなどに査定をしてもらう時には、

  • 余計なことは言わない
  • 今すぐ売りたいアピールをする

のが1番です。

適切な査定をしてもらう為に必ず覚えておきましょう!