メルカリキャンペーン中!

https://campaign.merpay.com/jp/2019-08-susumerpay?code=TKJKFB

鼻血の止め方は冷やすことが効果的!その理由と冷やす以外の対処法は?

スポンサーリンク

鼻血の止め方は冷やすことが効果的!その理由と冷やす以外の対処法は?

Short Red Hair Woman Blowing Her Nose

家でぼんやり過ごせる時に 鼻血が出てしまった場合はいいのですが、外出先などで鼻血が出てしまうとかなり焦りますよね。特に私のように初対面の人の自宅に上がらせて頂く場合に鼻血が出てしまうと最悪です。仕事になりません。

何故かわからないですが私は鼻血が出やすい体質です。その為訪問先へ到着する直前に鼻血が出てしまう事がよくありました。そんな時に正しい鼻血の止め方を知っているかどうかによって
止まるまでの時間が大きく変わってきます。

なかには即効性の高い止め方もあるので、
もしもの時のためにすぐに実践できる鼻血の止め方について
知っておきましょう。

 そこでの経験からは止めないといけない時にででしまった場合の対処法を共有したいと思います。

スポンサーリンク

多くの方が実践している間違った鼻血の止め方

Free stock photo of glass, blur, white, reflection
 
一般的に実践している方が多いのはティッシュを詰めるということですよね。

確かにこの方法であれば鼻血が出ていても垂れてくる心配はありません。
ですが、これは間違った方法でもあるのです。

 
というのも、ティッシュを詰めるというのは
あくまで鼻血が垂れないようにするための方法であり、
出血を止めるのに直接的に効果がある方法ではありません。

この方法を選択した場合、
鼻血が自然に止まるまで待つのと変わりないのです。

 
では、上を向けば良いのでは?と考える方もいるでしょう。

この方法でも鼻血が垂れてくるのを抑えられますが、
血が喉を通って気管に入ってしまう恐れがあるのです。

ついやってしまいがちな対策ではありますが
危険なのでやめておきましょう。

 
他には首の後ろをトントン叩くと良いという話を
聞いたことがある方も多いはず。残念ながらこれは無意味です。

続いて本当に効果のある正しい鼻血の止め方についてご紹介します。

 

鼻血が出たらこう対処しよう

Woman's Face
 
簡単で確実なのが圧迫による止血です。 

横になってしまうと
鼻血が喉を通っていってしまう可能性があるので、
椅子に座った状態でやや下方向を向いて
小鼻を人差し指と親指でつまみましょう。

どこを圧迫するのが正しいのかというと、
これは上の方にある硬い骨ではなく、
その下にあるやわらかい部分です。

 
この状態で5分から10分ほど圧迫しましょう。

ほとんどの場合は3分ほどで鼻血が止まるのですが、
止まった後もしばらくは出血しやすい状態になっているので、
10分ほどは安静にして過ごすのがおすすめです。

また、鼻を氷水に浸したタオルなどで冷やすと血が止まりやすくなります。

 

スポンサーリンク

鼻血が出た時の注意点

Free stock photo of man, person, red, white
 
基本的な鼻血の止め方についてご紹介しましたが、 
他にも注意しておきたいことがあります。

まず、鼻血が喉に降りてきてしまった場合、
飲み込んではいけません。

飲み込んでしまうと具合が悪くなってしまうので、
必ず吐き出しましょう。

 
それから、鼻血が止まるまで頻繁にティッシュを交換してしまう方もいますが、
これは鼻の中の粘膜に刺激を与えることにも繋がってしまいます。

せっかく止まりかけていた鼻血がまた出てきてしまう可能性もあるので、
一度詰めたティッシュはしばらくそのままにしておきましょう。

 
ただ、血が激しいとティッシュから鼻血がしたたり
落ちてしまうこともあるので、そのような状態になる前に交換します。

 
このような対策を取ってもなかなか出血が収まらない場合、
医師による適切な処置を受けなければならないケースも考えられます。

滅多にないのですが、
いつもとは明らかに出血量が違うと感じた場合は
病院に行くことも考えましょう。

 
また、何らかの病気が原因で鼻血が出やすくなっていたり、
血が止まりにくくなっているケースもあるため、
頻繁に鼻血が出やすい方は医師の診察を受けると良いですね。

 

スポンサーリンク

鼻血が朝に出る原因とは?

Photo of Person Holding Alarm Clock
 
鼻血が朝に出るのはどのような原因が考えられるでしょうか?

 
原因①無意識に鼻を触っている 

 
「朝、目が覚めたら枕やシーツが血まみれになっていた」
なんていうときは、
無意識のうちに鼻をいじっていることがほとんどです。

特に子供は鼻をいじるのが癖だったりするので、
朝起きてみると鼻血が出ているといったことが起こるのです。

 
また、直接に手で鼻をいじっていなくても、
寝返りを打つときに鼻を枕や布団に擦りつけてしまうのも
よくあるケースなのです。

そのように擦り付けただけで血が出るのは、
鼻の粘膜が弱っているために、
ちょっとした衝撃でも出血しやすくなっているのです。
当然ですが、粘膜が完全に回復すれば、鼻血は出なくなるでしょう。

 
原因②急激に血圧が上昇している

 
鼻の粘膜が弱ってくると、
急激に血圧が上昇するだけで、鼻血が出てしまうことがあります。

これは急激に血圧が上昇することで、毛細血管が破れてしまうからです。

これは風船を一気に膨らませてしまうと、
すぐにパンと割れてしまうことと良く似ています。

そのようなイメージを持つとわかりやすいかもしれません。

 
人間の血圧は常に変化していますが、
起床前後は血圧が上がりやすい時間帯となります。

特に朝のうちにバタバタと慌てて身支度をしていると、
急激に血圧が上昇しますから、
結果的に「鼻をかむ」「顔を洗う」「朝シャワーを浴びる」
といった動作をするだけで、
鼻血が出ることにつながってしまう可能性があるのです。

 
原因③病気

 
朝だけ鼻血が出るといった病気はありませんが、
何らかの病気が原因となって
鼻血が出やすくなっている可能性はあるかもしれません。

 
たとえば、高血圧や動脈硬化、
糖尿病などで血管がもろくなってくると、鼻血が出やすくなります。

また、白血病など血液の病気でも鼻血が出やすくなります。

単に鼻の粘膜が弱っていることで、
鼻血が出やすくなっているのであれば、それほど問題ではありません。

特定の条件が重なっただけで、
たまたまいつも朝のうちに鼻血が出ているとも考えられます。

 

鼻血が朝に出るときの対処方法は?

Boy Wearing Surgical Mask
 
①マスクをつけて寝る 

いつも朝に目が覚めたら枕やシーツが鼻血まみれになっている」
という方は、マスクをつけて寝るとよいでしょう。

寝ているとき、無意識に鼻をさわるのを防ぐことができますし、
万一鼻血が出てもシーツを汚すことを防いでくれます。

 
それと一番いいのは、鼻の内部の乾燥を予防できることです。

これで毛細血管を傷つけなくて済むので一石二鳥ですが、
息苦しくてついつい外したくなるんですよね。

 
②クリーム・軟膏を塗る

粘膜が弱くなっている場合、
クリームや軟膏を塗るのも効果的です。

最初は鼻の内部のクリーム・軟膏を塗るのに違和感を感じますが、
だんだんと慣れてきます。

 
③爪を切っておく

寝ているときに無意識に鼻をいじってしまう場合、
鼻の内部を傷つけないためにも爪を切っておくとよいです。

特にお子さんがいつも朝に鼻血を出すという場合には、
しっかり爪を切ってさらにつま先を丸く研いであげましょう。

 

鼻血の正しい止め方とは?!

Women's Multicolored Sleeveless Suit
 
大人になっても鼻血が出る原因と
対処法についてご説明してきました。

そして最後に鼻血の正しい止め方もご説明しておきます。

慌てずに対処することで簡単に止めることができますので
忙しい朝でもできると思います。

 
まずは鼻血が出ていても
気持ちを落ち着かせることから始めます。

そして体を起こしてから下を向きます。
その後、しっかりと鼻をつまみ、15分そのままでいます。

たったこれだけです!

注意点としましては、鼻血をできるだけ
飲み込まないようにするというところです。

 

鼻血の止め方は冷やすことが効果的!その理由と冷やす以外の対処法のまとめ

 
朝が忙しいと急激に血圧が上昇します。

さらに粘膜が弱っていると、
それだけでも鼻血が出ることがあります。

 
その対策としては「時間に余裕を持つ」しかありません。

いつもより15分早く起きるだけでも全然違いますから、
ぜひ実践してみましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

フリーランスで査定士をやってます。(査定士歴7年)査定士だけでは老後が怖いので複業をしてます。7年で1万人以上の人と毎日会話する。会社員時代の最高月収は420万。遊びすぎてほぼ使い切ってしまい翌年の税金でやられた結果お金の大切さを学ぶ。ツイッターでメルカリ、ラクマの偽物かどうかの査定相談を0円で受付中。服大好き。 #プロフィール画像募集中