【お金ないあなたへ】後払い通販サイトまとめ✅

連勤を乗り切る方法は?28連勤×4ヶ月を耐えた査定士が実践した方法と考え方

連勤を乗り切る方法は?28連勤×4ヶ月を耐えた査定士が実践した方法と考え方

Man Lying on Rubber Mat Near Barbell Inside the Gym

訪問査定士時代には毎日毎日車に乗って人会っていました。その中で28連勤を4ヶ月こなしましたが今のところ体調を崩したりしたことはなかったです。

訪問査定士のやばい仕事の記事はこちら

家電や家具など重量のある査定品を扱うことから肩こりや腰の痛みがあってもおかしくはないのですが、色々対処法があります。皆さんは連勤によって疲れが溜まって仕事がはかどらないとかそんな経験ありませんか?どんな仕事でも体が資本で、肉体労働者の方にとっては、コンディションを整えておくことは非常に大切です。お金にも関わりますからね。

そこで今回は、訪問査定士の経験から得た疲労回復方法や疲労を和らげる方法について参考になればと思います。

スポンサーリンク

そもそもなんで疲労がうまれるのか?

疲労の種類には大きく分けて「肉体的疲労」「精神的疲労」「神経的疲労」の3つがありまして、

①肉体的疲労

Man Lying Beside on Green Tennis Balls

激しい運動をしているときに、「乳酸がたまっている!」と言うことがあります。さらに、翌日の朝起きたときに「筋肉痛でカラダがバキバキ・・・」となりますよね。これが肉体的疲労です。筋肉は酸性に弱いので、乳酸(酸性)がたくさんたまると、筋肉がうまく働けなくなってしまい、それが疲れやだるさ、筋肉の張りとなってあらわれます。

②精神的疲労

Man Wearing Brown Button-up Jacket and Pants Leaning on Wall

人間関係や悩み事などのストレスによる心の疲れです。いわゆる気疲れも、精神的疲労のひとつです。やっかいなのは、肉体的疲労と違って、休息をとっても疲れがとれないにくいことです。精神的疲労がたまると、ダラダラと過ごしがちです。でも、適度な運動はリラックス効果があります。運動をしないことが、精神的疲労を大きくする原因になる場合もあります。

③神経的疲労

Woman in White Shirt Sleeping on Gray Fabric Sofa

精神的疲労と似ていますが、「やる気が起きない、眠い、疲れがとれない」これらが神経的疲労です。デスクワークなどで、神経や脳が緊張した状態が続き、脳のエネルギー不足で頭が疲れてしまっています。パソコンやスマホの画面を長時間見て、目を酷使するのも、疲労の原因になります。

スポンサーリンク

 疲労を回復させる2つのポイントとは?

疲れがどうしてもとれないときってありますよね。では、そんなときはどうすればいいのでしょうか? 回復のポイントは「睡眠」と「休息」です。

①睡眠

Free stock photo of person, woman, relaxation, girl

まずは、睡眠の質をあげましょう。睡眠中は成長ホルモンが分泌され、細胞が活発になり、食事でとった栄養が、カラダにたくわえられる時間です。カラダと脳を休め、明日への活力となるエネルギーを作るため、睡眠の質を上げることは、疲労回復のために大切なことです。

そのための方法として、起きなければいけない時間の6時間か7時間半前には、ベッドにはいることをオススメします。眠りには、カラダを休める浅い眠りのレム睡眠と、脳を休める深い眠りのノンレム睡眠があります。レム睡眠とノンレム睡眠の1セットで90分のサイクルを繰り返しています。その周期が切り替わる6時間か7時間半のタイミングで起きるようにすると、スッキリとした目覚めになります。また、心地よく眠れるように、ベッドやまくらを変えてみるのもいいでしょう。

②休息

Free stock photo of bench, man, person, relaxation

次に、こまめな休息をとることも大切です。一度にたくさん休むのではなく、日ごろから、こまめに休息をとったほうが疲れは残りません。お風呂に入ると、疲れがとれたと感じるのは、湯船につかることで血行がよくなり、たまった老廃物を排出する働きがあるからです。ゴロゴロ横になって睡眠をとることだけが休息ではありません。お風呂やストレッチをすることで、こまめなリフレッシュを心がけましょう。

疲れにくい体をつくる!3つのポイント

疲れたカラダを回復させることも重要ですが、そもそも、疲れない体づくりをした方がいいのではないでしょうか。絶対に疲れないカラダづくりをするのは難しいですが、疲れにくい体づくりならすることができます。そのための3つのポイントをご紹介します。

①食事

Bowl of Vegetable Salad and Fruits

1日3食、とくに朝と昼はバランスよくしっかり食べましょう。ビタミンB1、B2をとるとだるさや疲れの対策になります。ビタミンB1は豚肉やレバー、枝豆やきのこ類など、ビタミンB2はレバーやさば、ししゃも、納豆などに多く含まれています。ほかにも、カルシウムや鉄分は筋肉をスムーズに動かすために効くので、運動能力を高める働きがあります。アルコールの飲みすぎやタバコの吸いすぎは、カラダへの負担になるので控えめにしておきましょう。

②姿勢

Silhouette Of  Women on Lake Against Sky

同じ姿勢や同じ動きをし続けていると、その筋肉が緊張して乳酸がたまりやすくなります。そのときに動かさない筋肉は血行が悪くなり、乳酸がたまって疲れがとれにくくなってしまうのです。同じ動作を繰り返したあとは、意識的に姿勢を正して、ほかの筋肉も動かすようにしてみましょう。

③運動

Free stock photo of sea, road, landscape, mountains

散歩やストレッチなどの軽い運動は、筋肉や内臓の働きを活発にし、血液循環が良くなるので疲れにくい元気なカラダづくりに有効です。疲れているからといって動かないと、もっと疲れやすいカラダになってしまいます。無理せず自分のペースでいいので、楽しみながら運動しましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

疲れを残さずスッキリ解消!疲れにくいカラダづくりで仕事もはかどる!

疲れを回復させる「睡眠」「休息」の2つと、その予防のための「食事」「姿勢」「運動」の3つが大切なポイントです。

とくに肉体労働をしている人は、3つの疲労のうち肉体的疲労をいかに回復させるかを考えがちですが、肉体、精神、神経の3つの疲労、それぞれには深い関係があります。そのため、いろんなアプローチをすることで、疲労に強い生活をおくれるでしょう。

今回紹介した、睡眠時のちょっとしたコツや、食事の際にとったほうがよい栄養などを参考に、ぜひ疲労の回復に役立ててください!