メルカリキャンペーン中!

https://campaign.merpay.com/jp/2019-08-susumerpay?code=TKJKFB

100円玉で価値が高い年はいつなのかを査定士が教えます。

スポンサーリンク

100円玉で価値が高い年はいつなのかを査定士が教えます。

高く売れそうなものの代表として古銭があげられますよね。特に、100円玉はみんなが一度は持っているもので、もしかして製造年によってはプレミアが付いているんじゃないかと思ったことはありませんか?

そんな100円玉の中で価値のある年代はいつなんでしょうか?
基本的には額面どおりの買値にしかなりませんが、なかには何十万円というプレミア価格で取引されるものも実際にあります。
もしかしたら、あなたのお財布にも高価値な100円玉が入っているのに気付かずに使っているかもしれませんよ?

今回は、高額で買取される100円を紹介します。
財布の中の100円を今すぐ出して見てください!

スポンサーリンク

プレミアがつく100円玉の種類とは?

プレミア価格となる可能性の100円玉は、以下の3つに該当する100円玉です。

 

①銀の含有量が通常より多い100円銀貨

②流通枚数が少ない100円玉である。

③エラーコイン。

どれか1つでも当てはまれば、額面以上の価値があるかもです。
表にしましたのでお手持ちの100円玉と比較してみてください!

  
鳳凰

1957~1958年

120~200円
銀の含有量が60%ある鳳凰の100円玉です。
稲穂

1959年~1966年

120~1,000円
稲穂の100円玉も、銀の含有量が60%とあって上記のとおり最低120円~となっています。
中でも、昭和36年(1961年)昭和39年(1964年)は発行枚数が少ないので、希少性の高さから最大で約1,000円になることもあります。

1967年~現在

120~800円
桜の100円玉は枚数も多く基本的には額面どおりの買取額です。
ですが、昭和36年(1961年)昭和39年(1964年)のものは発行数が少なく、最大約800円のプレミアがつきます。
エラーコイン
影打ち
20,000~100,000円
エラーコインとは製造過程でミスがあった硬貨のことです。

中には、たった1枚で最大10万円もの買値となる場合があります。

特に、価値が高くなりやすいエラーコインにはいくつか種類があって、

 

  • ①角度ズレ
    表面の刻印と裏面の刻印の位置がズレているもの
  • ②刻印ズレ
    刻印が正しい位置になっていないもの
  • ③裏写り
    表面の刻印に裏面の模様が重なっているもの
  • ④ヘゲエラー
    硬貨にめくれがあったり、とけた金属が付着しているもの

上記の4種類があります。

製造年で価値が高くなりやすい年代は?

希少価値のある100円玉

出典img4.blogs.yahoo.co.jp

①昭和39年、平成13年の100円硬貨 

150円~1000円程度で取引

②平成14年の100円硬貨

135円~500円程度で取引

③昭和36年の100円硬貨

120円程度で取引

 

100円玉の希少価値のまとめ

昭和30年代(正確には昭和32~34年と昭和39年)に発行された100円玉は、銀の含有量が60%もあり、もはや銀貨と同じ価値があります。
ですので、普通の店や銀行では100円としてしか価値を認めてもらえませんが、金属の地金などを扱う店に銀貨として売れば、1枚あたりなんと100円以上の価値で買い取ってくれるわけです。
もしお手元に、上記の製造年の100円があればお得ですよ!

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

フリーランスで査定士をやってます。(査定士歴7年)査定士だけでは老後が怖いので複業をしてます。7年で1万人以上の人と毎日会話する。会社員時代の最高月収は420万。遊びすぎてほぼ使い切ってしまい翌年の税金でやられた結果お金の大切さを学ぶ。ツイッターでメルカリ、ラクマの偽物かどうかの査定相談を0円で受付中。服大好き。 #プロフィール画像募集中