貴金属を洗浄する方法は?自宅にある水で薄めた中性洗剤は金やプラチナに効果ある?

自宅でできる正しいジュエリーの洗浄方法について良く質問されます。

今回はダイヤのジュエリーの洗浄方法について共有したいと思います。良くダイヤのジュエリーは水で薄めた中性洗剤などで洗浄すると良いと聞きますが本当ですか?これはダイヤに対して洗浄しているだけでプラチナやK18に対しても洗浄の効果はあるのでしょうか?また、ダイヤやプラチナ、K18などの専用のつけ置きタイプの洗浄液も販売されてますが、どちらを使った方が良いのでしょうか?

スポンサーリンク

特にルビーやサファイヤなどの石のついたものの手入れ方法が分かりません。

Close Up Photo of Grey and Diamond Ring

前回は黒ずんでしまったアクセサリーの洗浄方法について共有しました。今回はプラチナやK18ということですが、少なからず、プラチナやK18も薄めた中性洗剤で綺麗に出来ていると思います。
ダイヤのネックレスの汚れる原因で1番多いのは、皮脂などの汚れが経年でこびりついてしまい、ダイヤの特に裏側部分に気づかないうちに汚れの膜が出来てしまい、ダイヤが輝きにくくなってしまうことです。

これはこまめに中性洗剤に漬け置きすることで予防ができますのでやってみてください。また、同じようにダイヤの付いているネックレスにも細かい隙間がありますが、そこに付着した汚れは落とすことが出来るので効果は十分あると言えます。その際に注意点ですが、薄めた中性洗剤であっても、漬け置きした後はよく流すことも行ってください。

それと家庭にあるものならば「歯磨き粉」がやはり活用できます。チェーンは、親指と人差し指に歯磨き粉をつけて、そこにチェーンを通してあげると研磨されて綺麗になります。歯ブラシでゴシゴシすることはお勧めしませんが、指を使って磨く程度ならOKです。

そして、ダイヤ、ルビー、サファイアに共通して言うと、とにかく石の裏側の汚れを取ってあげること。これが重要です。ほこりや汚れが付いていたら、ここだけは歯ブラシを使ってOKですので、中性洗剤でゴシゴシせず、叩き洗いをして汚れを落としてあげてください。

Closeup Photo of Purple Gemstones

スポンサーリンク

ジュエリーの正しい磨き方とお手入れ方法

ジュエリーなどの貴金属や宝石類の美しさや輝きを保つためには日々のお手入れが不可欠です。

ジュエリー全般に使える簡単なお手入れ方法

本来であればジュエリーのお手入れを毎日するのがいいのですが、購入してから一度もされてない方もいらっしゃると思います。特にリングやネックレスはシャワー時も外さない人も多いでよね。宝飾品全般に言えることですが、お手入れすることによって、いつまでも美しく輝くことができます。

ジュエリーケアの基礎全般

「着けたら、拭く」を習慣にしてください。

ネックレスや指輪は素肌に身に着ける事が多いですよね。使用後の表面には目に見えなくても、汗や皮脂、女性であれば化粧品がついてしまい汚れてしまいます。日常での一番簡単なお手入れ方法は、「着けたら拭く」ということです。その際は、やわらかい布で優しく表面を拭いてあげましょう。

スポンサーリンク

汚れがひどいくてどうしようもない時の対処法

着け終わったら拭くということを習慣にしていても、細かいデザインの指輪などは特に汚れが目立ってきます。透明な宝石の裏側であったり、側面の汚れは完全に拭けない事もあると思います。そんな時は中性洗剤と毛先の柔らかい歯ブラシで汚れをとりましょう。金やプラチナの地金部分には、研磨剤クロスで磨くと、驚くほど綺麗になります。

 

 

スポンサーリンク

貴金属のお手入れ方法

ゴールドジュエリーとプラチナジュエリー

金・プラチナは年月の経過とともに、皮脂や汗、ほこりでどうしても汚れてきてしまいます。この汚れは実は酸化、硫化している場合がほとんどです。そんな時はぬるま湯に浸して振り洗いして、やわらかい歯ブラシで汚れを落としてください。最後に、水でよくすすぐことも忘れずにしてください。ただし酸化した汚れや黒ずみはブラシでは取る事は出来ませんので、専用の貴金属洗浄剤や洗浄液をお使いください。

宝石別のお手入れ方法

続いては各宝石ごとのお手入れ方法をご紹介いたします。宝石によって水に弱いもの、摩擦・衝撃に弱いものなど特徴はさまざまです。誤った方法で大切な宝石を傷つけないためにも、ぜひ一度ご覧ください。

ダイヤモンド Diamond

ダイヤモンドのお手入れ方法

ダイヤモンドの秘密の洗浄方法
新油性が高く油汚れが非常に付きやすいので、化粧品・ハンドクリーム・皮脂等には十分注意しましょう。また静電気によるホコリが表面に付きやすいのも欠点ともいえます。

プラチナとダイヤだけのジュエリーの洗浄は、パイプユニッシュを使います。ご自宅の洗面所やトイレにある、髪詰まりを無くす為のアレです。一晩置くと、ダイヤの裏汚れや、地金の汚れやクスミが嘘のように綺麗になります。ただし、ホワイトゴールドや、プラチナでも品位の低い物にパイプユニッシュ洗浄を行うと、割金により真っ黒になってしまう為に、プラチナ900以上、18金もイエローゴールドだけにしてください。浸け置き後、水洗いし、すすぎをしっかりするようにしてください。

エメラルド Emerald

エメラルドのお手入れ方法

エメラルドの洗浄方法

意外に脆く熱に弱いのが欠点です。オイルや樹脂の含浸処理がされているものが大半の為、洗剤での洗浄は絶対にしてはいけません。ご自宅ではシリコンクロスを使い、軽く拭く程度にして、専門店に任せるのが一番です。超音波洗浄も厳禁です。

ルビー・サファイア Ruby・Sapphire

ルビー・サファイアのお手入れ方法

ルビーとサファイアの洗浄方法

stock photo, antique, jewelry, ring, diamond, engagement-ring, engagement, engaged, sapphire, edwardian
ダイヤモンドの次にモース硬度が高く熱や薬品にも強い為、お手入れはしやすいです。それでも汚れが落ちない場合はぬるま湯で試してみると、落ちる場合もあります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アメジスト等のクォーツやアクアマリン、その他宝石

その他宝石のお手入れ方法

洗浄方法

クォーツ系のシトリン、アメジストや、トパーズやトルマリンなど、見た目が固めの色石は上記と同様です。酷い場合はぬるま湯で試して下さい。