累計1万人を査定した買取査定士の損しない売り方買い方教えます。

査定士がおすすめするブランド買取についてを知りたいならこちら

プラダのバッグの偽物の見分け方について査定士が教えます!

スポンサーリンク

プラダのバッグの偽物かどうかを見極めるポイント

stock photo, gold, nails, manicure, classy, prada
 
今回は、プラダについての本物と偽物のみわけかたについて共有します。

最近は本当に偽物が精巧で見分けがつきにくくなっています。
もちろんブランド側も偽物対策として色々な対策を行っていますが、偽物の精巧さも進化しており本物と変わらないものが存在します。そんな中で、今回はプロでも難しいと言われているプラダの本物と偽物を比較していきます。

本物か偽物かを見極めるためのポイント

1 このバックは本物?偽物?

プラダの人気バッグであるガレリアについて偽物が出回りやすいので、今回はこちらのバッグを見ていきましょう。

img_9658
見ただけではわかりません。細部を見ることで見分けることが可能です。

1 バッグ底部金具部分

img_9699
img_9700

2 正面ロゴ

img_9661
img_9662

3 バッグサイドホック部分

img_9670
img_9671

4 ハンドル付根部分

img_9678
img_9679

5 ファスナー部分

img_9667
img_9668

6 キーリング部分

img_9688
img_9689

7 コパ部分

img_9680
img_9681

8 内側ファスナーエンド部分

img_9691
img_9693

9 内側部分

img_9695
img_9698

以上の画像から黒が偽物でピンクが本物です。
鑑定ポイントは細部の作りの違いです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

2 本物と偽物の違うポイントは?査定士が教えます!

1 バッグ底部金具部分

img_9699
img_10000
まず、バッグ底部の金具は偽物の方が中心によっています。比較するとわかりやすいかもしれませんね。
金具の取り付け位置に関しても本物は真っすぐですが、偽物は斜めになっていることがわかりますよね。

2 正面ロゴ


これが偽物です。

こっちが本物です。
本物は、

  • Rの部分に切れ込みが入り、ひし形のような形になっている
  • DAL1913の文字の部分が潰れずきれいな状態

3 バッグサイドホック部分

side
偽物のエッジが鋭くなっていますね。
それに対して本物は丸みを帯びています。
また偽物の方が厚くなっています。

4 ハンドル付根部分

handole
ハンドル付根部分は青い円部分が偽物が真っすぐに対して、本物は膨らみがあります。
偽物は中が空洞なため真っすぐで、本物は中にしっかりと芯が入っているため膨らんでいます。

5 ファスナー部分

img_9667
ファスナー形状が違いますが、本物でもどちらも存在します。
見るべきポイントはメッキです。
プラダだけでなく真贋時においてメッキをみることがとても重要です。

偽物はメッキが波打っている様に見え雑な作りをしています。

6 キーリング部分

ring
こちらもメッキが雑です。
キーリング部分はもともとクロシェットに隠れているので、見えない部分になります。
偽物業者も儲ける為にコストを抑えます。
コストを抑えるために手を抜く箇所が見えないところです。
見えない部分の作りが雑なものが偽物の特徴です。

7 コパ部分

kopa
コパはフチ部分のことですが、偽物はマットなゴムのような素材で出来ています。
また本物と厚く見比べると分厚くなっています。

8 内側ファスナーエンド部分

kopa-2
ファスナーエンドの厚さが違います。
ここも見えにくい部分なので、本物より偽物が薄くなっています。

9 内側部分

inside
PRADAのフォントと大きさが異なります。
また注目すべきポイントが、ロゴの上の糸のステッチ(縫い方)です。
偽物は大きく縫製しています。
偽物の特徴として、縫製も雑というのが挙げられます。